フォト

おすすめ本

« 「史上最強の人生戦略マニュアル」 | トップページ | 「王と最後の魔術師」 »

「警察庁から来た男」

佐々木譲「警察庁から来た男」角川春樹事務所

「笑う警官」に続く作品。
大不祥事で揺れて、刷新されたはずの北海道警察。
ところが、不審な点があると警察庁から特別監察が入ります。

やって来た監察官は、見るからにエリートらしい藤川警視正。
事情を説明する役として、津久井刑事が呼ばれます。
前作で、裏金問題で証言したために、警察学校の営繕係という閑職にとばされている津久井。
これでも、処分がなかっただけでも~報復人事とは言えないらしい?

今さら監察の対象になるのかと身構える津久井。
いや、そうじゃなくて~タイ人女性の人身売買に絡む不正の疑いが、海外で報道されていたのです。スクープというか~海外の方が敏感な反応なんですね。
え、北海道ってとんでもない…?ちょっとイメージが…
いや、佐伯や津久井のような刑事がいるんだから大丈夫なのかしら(違?)

一方、札幌大通署ではもう一つの疑わしい事件が。
風俗営業店での不審な転落死。
支払いを逃れようとしての事故ということになっていました。
被害者の父親がこれを再捜査して欲しいと訴えていたのですが、ホテルで盗難にあったというのです。
この事件を捜査する佐伯警部補は、部下の新宮と共に、やはり孤立した立場に置かれていました。
強面のベテラン刑事というのでは決してない二人が、しだいに、すすき野の闇に迫っていきます。
二組に分かれての捜査が次第に絡み、小島百合も登場。
前のメンバーが顔を出して事件解決へ向かうのが、小気味いいですね。

« 「史上最強の人生戦略マニュアル」 | トップページ | 「王と最後の魔術師」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「警察庁から来た男」:

« 「史上最強の人生戦略マニュアル」 | トップページ | 「王と最後の魔術師」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック