フォト

おすすめ本

« パーティーガールさん登場 | トップページ | 「拮抗」 »

「花散らしの雨」

高田郁「花散らしの雨 みをつくし料理帖2」角川春樹事務所

みをつくし料理帖の2作目。
小さな料理屋・つる屋は、前作で火災にあって引っ越しています。
かってのご寮人・芳と共に上方から江戸へ来た娘・澪が、お料理を一手に引き受けていました。

店が繁盛するようになって雇った下足番の娘・ふき。
働き者の少女を妹のように思う澪でしたが、何か様子がおかしい…?

澪の幼なじみで、今は遊郭であさひ太夫になっているらしい野江。ひそかに無事を確かめるのですが、会うことも出来ない切なさ。
行き倒れそうになっていた男を助けたら、白味醂の販売先を探していて、これが美味しい!とか。
澪だけでなく、店のみんながさりげなく~いい感じの人なんですよね。

御殿医の息子で真面目な町医者・源斉先生や、口の悪い客で戯作者の清右衛門、澪が密かに思いを寄せる~たまにふらりと現れる小松原など、常連もがっしり脇を固めています。

競争店の妨害や、頼りにしている夫婦の病気、縁談を巡る誤解など、さまざまな苦難が降りかかりますが、澪は悩みつつも前向きに、乗り越えていこうとするのでした。
けなげに働く市井の人々の地道な暮らしが、描かれていきます。

季節の食べ物が次々に出てきて…
ほろにが蕗ご飯、って何て美味しそうな章の副題…
百合根、よもぎやウド、つくし、キュウリなど…
江戸の侍は、キュウリの切り口が葵の御紋に似ているから、キュウリを食べない、とはねえ!それも澪が工夫するとっかかりになるわけですが。
手さばきよく料理が工夫されていく様子と相まって、心地良い味わい。

« パーティーガールさん登場 | トップページ | 「拮抗」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「花散らしの雨」:

« パーティーガールさん登場 | トップページ | 「拮抗」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック