フォト

おすすめ本

« 「空の中」 | トップページ | 「アン・ブリンの生涯」 »

「天使はモップを持って」

近藤史恵「天使はモップを持って」文春文庫

シリーズ1作目。
夕方になると、さっそうとオフィスビルに現れる女の子・キリコ。
まだ18ぐらいで、渋谷を歩いていそうな服装、明るい色に染めた髪を高い位置でポニーテイルにして、おへそにもピアス。
じつは、ビルの清掃を一手に引き受けている有能な清掃作業員なのです。
新入社員の僕・大介は、とっぴな服装に驚きながら、実は怜悧な彼女にたびたび助けられることに。
会社で起こる小さな謎をキリコと共に解いていく話です。

オペレータールームに配属された大介は、女子社員ばかりの中で少々間が悪い思いをしながら、仕事を覚えていきます。
書類の紛失、保険外交員の墜落死、マルチ商法勧誘社員のと有情、部長がおみやげにするぬいぐるみが切り裂かれた事件、黒い液体で汚されたトイレの謎、ロッカールームで役にも立たない物が盗まれた理由は?など。

不倫やいじめ、困った勧誘など、現実に起こりそうな問題が絡んでいるあたりがほどよい毒を含み、生き抜くヒントにもなっていて~上手いですね。
何でもクリーンにするキリコの大活躍。
最後は、キリコ行方不明?から~~意外な展開へ。
へえぇ…?

« 「空の中」 | トップページ | 「アン・ブリンの生涯」 »

コメント

このシリーズは読みました。
といっても、続編の『モップの精は深夜に現れる』と、『モップの魔女は呪文を知ってる』ですが。
猫好きなので、スコティッシュフォールドの話が印象に残ってます。
深夜バイトの清掃業でありながら、ものすごいギャル風ファッションとさばさばした性格のヒロインはギャップがあって魅力的ですね。
最終巻で意外に現実的な問題を抱えてるの知ってビックリしますが。
謎のモップの精のままで終わらせないところに、人間味が見えていいですね。
一巻目も読んでみたいです。

浅葱さん、
こんばんは☆
ご存じでしたか~!
若い女の子でビルでは浮くぐらいオシャレなのに掃除婦、しかも有能で、推理力もあるって~面白い設定ですよね。さばさばした性格がいいですねhappy01

続編の方…は私は読んでないので~~具体的に書けませんが、そっちも面白いんですね!
猫も出てくるんですか、楽しみです~happy02
1冊目の最終話でいきなり転調するんですが、あれが3冊目でまた生きてくるのかしら…??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/47978437

この記事へのトラックバック一覧です: 「天使はモップを持って」:

« 「空の中」 | トップページ | 「アン・ブリンの生涯」 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック