フォト

おすすめ本

« 海の幸のかつ | トップページ | 「追想五断章」 »

「ホアズブレスの龍追い人」

パトリシア・A.マキリップ「ホアズブレスの龍追い人」創元推理文庫

マキリップの短編集。
様々なタイプの作品で粒ぞろいの15作、贅沢な内容です。
日本では2008年8月発行ですから、長篇「オドの魔法学校」の次、「茨文字の魔法」の前になりますね。
初出は十数年に渡っていて、年代順だそうです。

ちょっと中身が濃すぎて、字も小さめで、訳文も硬め?読みやすくはないのが、何だかちょっともったいない…
紹介するにもまとめにくくて初読の時はアップしなかったので、再読しました。
最初の方の作品に文学的ともいえる濃さがあるんです。じっくり読めば、しっかり味が出てきます。

表題作は、龍を追うために帰ってきた若者と、渋々案内をする地元の娘の話。凍り付いた世界のイメージが壮大で、視覚的に思い描くのが楽しい。
2作目、赴任先で思わぬ事態に巻き込まれる女性の吟遊詩人の話も好き。

後半は、童話などの再話風の物が多く、読みやすくて楽しめます。
「雪の女王」の現代版のような、幼なじみと結婚したゲルダが都会になじめず、カイが大人の女性に誘惑されて戻ってこなくなる話など。ただの不倫かと思うと実はそうでもない…?
「ロミオとジュリエット」を脇役の目から描いた話など。こういうのも好き。

マキリップを最初に読むなら「妖女サイベルの呼び声」がやはりオススメでしょう。
長篇三部作[イルスの竪琴]シリーズで一世を風靡したといっていい作家です。
しばらく見かけなくなっていましたけれど、最近どんどん翻訳されるようになったのは嬉しい限り。
ヨーロッパの宮廷の雰囲気や耽美的なキラキラした世界がお好きなら~「影のオンブリア」
ナチュラルな方が良ければ「ムーンフラッシュ」「ムーンドリーム」もいいですね。

« 海の幸のかつ | トップページ | 「追想五断章」 »

コメント

こんにちは~
私も最初この本を見かけた時は、これは宝石箱のような素敵な本だと思いました。
表題作は正統派ファンタジーらしくて、とても好みでした。
が、仰るとおり訳が硬くて読みづらい。
特に2作目が残念な感じです。
浅羽莢子さん当たりだとまた違ってたかも。
あとは、トロールとふたつのバラ、バーバ・ヤーガと魔法使いの弟子、ドラゴンの仲間当たりは面白く読めて好きですね~
バーバ・ヤーガは坂田靖子の漫画を連想しました。
マキリップは星を帯びし者のイルスの竪琴シリーズで知りました。ムーンフラッシュのシリーズもいいですね~

浅葱さん、
お読みでしたか~happy01
これ、すっごくいいんですよねえ!
宝石箱のように贅沢な作品集。
最初の作品はファンタジーの王道でしょうか。
2作目は雰囲気がすごく好み!
ちょっと読みにくいけど…めげずに味わう価値がありますよ。

トロールと二つの薔薇も、ドラゴンの仲間も大人のユーモアと童話的な可愛さもあって。
バーバ・ヤーガ、坂田さんて、言えてる~!!
もうそれ以外思い浮かばないわっhappy02
やっぱり「イルスの竪琴」は良かったですよね。ヨーロッパ的なファンタジーで。
「ムーンフラッシュ」でまたいいなあと思ったものでした。こちらは南半球のような雰囲気で、アジアにも近いのか当時の気分に合ってました。
最近、翻訳が多いのはほんとに嬉しいですwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/47978482

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホアズブレスの龍追い人」:

« 海の幸のかつ | トップページ | 「追想五断章」 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック