フォト

おすすめ本

« 北海道展のみそラーメン | トップページ | 「警察庁から来た男」 »

「史上最強の人生戦略マニュアル」

フィリップ・マグロー「史上最強の人生戦略マニュアル」きこ書房

確かに史上最強かも!?
と思わせる~ぐいぐい押してきますよ。
翻訳と解説が勝間和代さん。こういうのを読んで、やり方を学んだのかと納得ですね。

不満があるのになだめて生きている人や、自分のためにならない習慣をだらだら続けている人の、どこに問題があるのか。
テレビの前でぼんやり時間を過ごしていたり、やりたいことがあるのにどうせ無理だと思っていませんか?とつぎつぎ言われると、どうでしょう。
どこかでドキッとしますよね~。

自分に対して毎日否定的なことを言っていないか?
人のせいにしたり、運の悪さを嘆いたりして、じつは自分で道を閉ざしていないか…

何となくいつかは事態が良くなるはずと思って、ただ待っていても、そうはならない!というシビアな人生の法則。
自分が正しいのだから、という思い込みは危険だというのは目ウロコ。
自分が正しいかどうかより、目的がうまくいくほうが大事、そのためには現実に立ち向かわないと。
具体例で面白く読ませます。

また、人にないがしろにされるのは、相手に自分の扱い方を教えてしまったから、という指摘も。
相手が自分に対してそういうことをしても意を通せると覚えてしまったから、繰り返されるという。
同じ事をされたくないなら、自分の態度も変えていかなければならない。おおっと…

過去の怒りや憎しみが今の自分を曇らせているのは損だという指摘には、納得。
過去に起きたことは、自分のせいとは限らない。
けれども、今そのことにどう反応するかは選べる。自分が決められることなので、自分に責任がある!
被害者意識でいるのは、今も被害を受け続けているようなもの、と…
なるほど。
ちょっと傷ついたような小さな事から、DVや悪質な犯罪被害から立ち直る場合にまで~応用できますね。

問題点を整理していくやり方が、具体的に、述べられています。
そのポイントはリアルで、効果ありそう。
問題を抱えていなければ…別にここまでしなくても?
でも全然問題のない人も少ないのかな…
読み進むうちに、自分が直したいのはどのあたりかも~整理できるようになっています。

「しがみつかない生き方」をアップしてからすぐに読んだので、真逆だなとビックリ、苦笑しました。
人によってというか~時期によって?向き不向きがあるかも。
ただ、過去にとらわれすぎないように、というメッセージは同じです!

風邪をひいていた最中に読んだので、チェックリストを全部書き上げて実行するとこまではやってませんが…
気持ちの整理という点では何となく曇りが減ったような感じ。まあ憎しみというほど強い感情にとらわれてはいないけど、もっと曖昧なマイナーな感情で視界がうすらぼやけて?いた所はあるかも。情けなさとか、ためらいとか?

気弱な人には強烈かも知れないけれど…
人生を変えたい?あなたには最適!

« 北海道展のみそラーメン | トップページ | 「警察庁から来た男」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「史上最強の人生戦略マニュアル」:

« 北海道展のみそラーメン | トップページ | 「警察庁から来た男」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック