フォト

おすすめ本

« お豆とハムのサラダ | トップページ | 生スフレロール »

「蛇、もっとも禍し」

ピーター・トレメイン「蛇、もっとも禍し」創元推理文庫

フィデルマのシリーズ3冊目。
ちょっと前にご紹介した短編集「修道女フィデルマの叡智」を別にして、「蜘蛛の巣」「幼き子らよ、我がもとへ」に続く長篇。(翻訳順で)

女子修道院の井戸で死体が発見され、尼僧にして法律家でもあるフィデルマが派遣されます。
若く美しいフィデルマは、ドーリィーという法廷弁護士の資格を持ち、しかも上級のアンルーという位にありました。

依頼されて向かう途中の海路で、漂流しているゴールの商船を見つけ、無人なのに驚きます。
しかもその船の中には、かってフィデルマが修道士エイダルフに送った本が‥!
1年半も会ってはいないのですが、信頼し合う仲の彼の身に何かが?
乗ってきた船バルク(小型帆船)の船長ロスに、フィデルマは海岸線の調査を頼みます。

さて、事件現場の女子修道院の院長ドレイガンは、向かい合う土地の代官アドナールとなぜか激しく対立しています。
実は兄妹で、過去に確執があったのでした。
断崖や海岸線など風景描写も魅力的。作者自身が子供の頃によく行った土地だそうです。

7世紀のアイルランドという時代が興味深い。
「三つの泉の鮭」という修道院の名前も面白いですが、これはキリストを指す異名の一つ。実際にこの地には三つの泉があることにもかけてあるとか。

王の妹でもあるフィデルマは、地方の反乱の兆しに驚愕することに。
古代文字を書いた札を腕に結びつけられていた死体。
発見者を殺人犯と決めつける若い修道女達が騒動を起こします。
修道院に時折響く~怪しげな音。
代官のもとへ向かうフィデルマを襲った貴族達は…?
この地で何が起ころうとしているのか?
色々な要素があって、盛り上がります。

嫌な人間が多いんですが、その理由がわかってくる場合も‥
船長のロスなどはいい人!
修道士エイダルフとの再会が嬉しい。
この時代の修道院では結婚が認められ、子供をその中で育てていたというのにはびっくりでした。
エイダルフとの関係も、心に秘めた思いだけでなくてもいいわけなのね‥国籍違うし、ゆ~っくり進みそう?

« お豆とハムのサラダ | トップページ | 生スフレロール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「蛇、もっとも禍し」:

« お豆とハムのサラダ | トップページ | 生スフレロール »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック