フォト

おすすめ本

« 「ずっとお城で暮らしてる」 | トップページ | そういえば雛祭り… »

「配達あかずきん」

大崎梢「配達あかずきん」創元推理文庫

本屋さんの店員が謎を解く!
成風堂書店のシリーズ1作目。
カテゴリに「name:大崎梢」というのを作り、少ないけどお気に入りだから~とアップした作品をチェックしたら2作しかない。ええ?「夏のくじら」と、シリーズ2作目だけ。
「sanaの本棚」のほうにはこれもあったので、何か取り紛れてしまったのか…
だいぶ前に読んだので、まとめにくいですが、ご紹介しておきます。

ちょっとした出来事から推理する~日常の謎系です。
知っているようで知らない本屋さんの内幕と苦労が興味深い。
本屋さんに勤めた経験があるんでしょうか。
しっかり者の正社員・杏子と、アルバイトだけど勘の良い多絵が名コンビとして活躍します。
配達に行ったヒロちゃんこと博美は、おっとりしてミスが多い子なんですが、根は真面目。
配った雑誌に問題があった後、階段から落ち、もしや突き落とされたのではと…?
これが表題作。

ほかに、近所に住む老人に頼まれたという本のリストが読めない謎。
コミック「あさきゆめみし」を購入した後、失踪した母の行方を求める女性に対しては…?etc;
殺人事件はないので、安心して読めますよ。
単行本は2006年5月発行。

« 「ずっとお城で暮らしてる」 | トップページ | そういえば雛祭り… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「配達あかずきん」:

« 「ずっとお城で暮らしてる」 | トップページ | そういえば雛祭り… »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック