フォト

おすすめ本

« 生スフレロール | トップページ | ピンクのダッフルコート »

「贖罪」

湊かなえ「贖罪」ミステリ・フロンティア(東京創元社)

空気が綺麗なことだけが取り柄の地方の町。
夕刻には、グリーンスリーヴスのメロディが流れる…
小学校の校庭で、5人で遊んでいた少女たち。
一人が連れ去られ、4人がプールのそばで死体を発見。
犯人の顔を見たはずなのに、誰も覚えていない…

それぞれの育ち方の事情と、事件との関わり、トラウマの受け方や影響がつづられます。
連れ去られたのは都会から越してきた美少女エミリ。
残されたのは小柄でおずおずした紗英、しっかり者と見られていた真紀、知らせに行って頭を打った晶子、ぜんそくの姉の陰になりがちだった由佳。

殺された少女の母親・麻子が3年後に4人を集め、時効までに犯人を思い出すか、何らかの償いをしなければ復讐すると言い放ったことが大きな波紋を呼ぶのです。

何も出来なかった後悔から、ある日、過剰なまでに勇敢な行動をとる…のはマシなほう…
わかりやすい文章で、身も蓋もなく語る家庭の現実がリアル。
さらに恐ろしい内容が。

何もここまでと思わないこともないですが~容赦のなさと後味の悪さはすでに期待される持ち味?
リーダビリティはあります。ある種ブラックユーモア?

« 生スフレロール | トップページ | ピンクのダッフルコート »

コメント

図書館で偶然見かけて、あまりにも表紙のベリーがおいしそうなので借りました。
湊かなえさんは、当時は気色悪いような作風(笑)に思えましたが、沼田まほかるさん以来、これくらいふつうかなと思えるようになりましたわ~

4人の女の子のその後がうまく書き分けられていて、なるほどこうなったか~とおもしろく読めました。ただ、最後の母親のストーリーは、ちょっと無理あるかなあ。
恨みがあるからって、その子どもを殺してやろうと思うかな? まして、教育者でしょう……しかも、顔が似てるのに気づかないなんて……

marieさん、
わあ、贖罪!表紙がベリーなんでしたね。
そうそう、4人の女の子の状況の違いとその後がうまく書き分けられていたと思います。
その点では面白かった!

最後のほうは、なんだかとんでもない展開になったような気がしました。
正確には忘れてます…(汗)
意外な結末にしようとしたせいでしょうかねえ??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「贖罪」:

« 生スフレロール | トップページ | ピンクのダッフルコート »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック