フォト

おすすめ本

« その頃の猫 | トップページ | アイスダンスのフリー »

オリジナルダンス

アイスダンスのODがありました。
これ、面白いんですよ~。
SPみたいなものですが、シングルと違って必須の技などはないので、ミスが許されないといった点はありません。
毎年決まった課題が出されるのですが、今年はカントリーダンス。
ワルツやタンゴが課題だったらリズムが決まっているけど、これは自由度が大きい。
曲がかぶることもまずないし、見ていて楽しいですね~。
オリンピックにふさわしいテーマでしょう。

日本のリード姉弟は、日本舞踊を取り入れたダンス。
真っ赤な着物(本物の友禅ですよね)が可愛くて、膝丈という奇妙さもあまり気にならない。
センスの使い方が上手で、会場を沸かせていました。
後半の和太鼓のアレンジもリズミカルで、上手くいっていました。
OD14位で、合計16位に上げてきました。

イギリスのカー姉弟。
アメリカのカントリーダンスですが、ダンスの衣装ではなくデニムの短パンで、ドライバーとヒッチハイカーの出会いという~道路で起こった出来事のような演出がさすがにセンスがいい。8位。

ロシアのドムニナ&シャバリン。
金髪を上に結び、肌に入れ墨をしたような衣装で、赤い腰布に白い紐と葉っぱを飾った衣装。
おどけた動きの入った陽気なダンスで、次にどうなるか予想できない新鮮さ。
珍しいアボリジニをテーマにしたら、アボリジニの団体から抗議を受けてしまいましたが、和解したそうです。
良かった~。
規定1位から、OD3位で、今のところ3位に。[お詫びと訂正:規定は1位でした!さっき、3位キープって書いちゃいました。失礼~なんで間違えたかというと、BSで見た後に総合でも見たから………そりゃ同じだ?!]

アメリカのデービス&ホワイト。
インドがテーマで、サリーを思わせる赤と青と金の衣装。
うまくアレンジしてあって、首飾り、耳飾りもとても綺麗。
動きがとても素早く、ユニークさもあって、何とも鮮やかでした。
踊るシヴァ神のポーズで終わってましたね。規定3位からOD2位へ。

規定2位のカナダのバーチュー&モイヤー組が最後に登場。
フラメンコで、黒いレースのボディスと真っ赤な無地のスカートという衣装。
この組はさわやかでセンスがいい、見るのがとても楽しみです。
予想していたとはいえ、腕を上げましたねえ…
きびきびした腕の動きが空間をびしっと決め、フラメンコダンサーはだし。
素晴らしかったです。
OD1位、今のところ合計1位。

アメリカのベルビン&アゴスト。
赤の似合うベルビン、民族衣装の可愛らしさを生かした華やかな衣装でした。
楽しいプログラム。4位キープ。

5位、ファイエラ&スカーリ。
黒髪に映える黒と白の民族衣装。彼女はカスタネットを持ち、彼はシャツにベストにゲートル巻きに長靴。よく似合って雰囲気出てました。

6位、デロベル&シェーンフェルダー。
フレンチカンカン。踊り子と街の物売りの恋?という粋な設定がさすが。
彼は一緒に踊りたい男性ナンバーワンなので、目が釘付け。
出産後という彼女も頑張ってました。

7位、ペシャラ&ブルザ。

9位、ホフロワ&ノビツキー。
赤毛に映えるあざやかな緑色に、華やかな飾りのついた衣装でロシア的。
何となくチャーミングな二人。世界選手権ではメダルもとってるのですが。

10位、ザレツキー兄妹。
踊りがだんだん乗ってきて、いい感じでした。
妹の顔がちょっと怖い…メークもイスラエル風なのかしら?

11位、サムエルソン&ベイツ。

12位、カペリーニ&ラノッテ。

13位、ザドロズニュク&ベルビロ。

14位、ホフマン&ザボジン。

順位は公式サイトの英語表記を見て。読み方はどっかで見た記憶でだいたい…記事によって違うので、よくわかりません…

« その頃の猫 | トップページ | アイスダンスのフリー »

コメント

五輪のODにいろいろ趣向が楽しめるカントリー・フォーク指定ってサービス精神旺盛な課題選択ですが、2シーズン前と似た課題だったので、そのときとかぶらない選曲が各組とも大変だったかも(自国もので当たりプロだったカー姉弟とかドムニナ/シャバリンとかの選択にとっても影響しちゃいましたよね)。

CDの洗練とは対照的な、民族音楽の泥臭さの部分がはいってくるのを楽しみにしていました。というわけで、プログラムとしてはファイエラ/スカリとベルビン/アゴストが、こういうの期待してたのよ~という意味で大好きでしたし、演技もよく練れていましたね。ザレツキー兄妹もまずまず。
狙いとして面白くて仕上がりもよかったのは、リード姉弟(衣装も正統派和服のニュアンスがあって丸)、ドムニナ/シャバリン、デービス/ホワイト、ペシャラ/ブルザですね。
ヴァーチュ/モイアは泥臭さを感じさせないスマートすぎるプロで、空気読まずにずるいよって感じ。

物議をかもしたドムニナ/シャバリンは、西洋(インド・中近東なども含めて)とは異質なリズムダンスをスケートに融合させてチャレンジングで独創性があったし足元も以前よりすごくよくなってたのですが、狙いすぎて一般受けしないプロでもったいなかったなあ。CDでの格上感が印象的だっただけに、五輪の舞台での勝負を捨てちゃってる感じで。

Kさん、
民族舞踊って訳してたかしら。今年はカントリーフォークっていう指定ですか?
前のと微妙に違う…?
ドムニナ組は変わった選択して損しちゃったかな。抗議のこともあって、どこが気に障ったんだろうと見る人も考えちゃったかも。
面白い振り付けだけど~どう上手いのかアピールしづらい面が?

ベルビン&アゴストはああいうタイプの民族衣装の可愛さで、ベルビンの雰囲気を生かしてましたね。
昔のベステミアノワを思い出したわ~。

ファイエラ&スカーリも黒い衣装、似合う~!
ホントああいう雰囲気の人が着て踊る物ですよね。

デービス&ホワイトがすっごく良かったんで、バーチュー&モイヤーが出てきたときには、それほど強烈じゃなさそうで、抜けないかと思いましたよ。
あはは、バーチュー・モイヤー組は、空気読んでない?
確かにスペイン舞踊って定番のうちですものね。
泥臭くない、すっきりした衣装だし…
タンゴに近いんじゃないかしら、どうなんだろうと思ったらもう~~上手すぎて!

ザレツキー兄妹も、ああこうなのかって納得させられるダンス。
ペシャラ&ブルザも可愛かったな~。
ODが見られたので、嬉しいです~~。全員じゃないけど…ぶつぶつ。
フリーの放映時間短くない?ってのが一番気がかり。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリジナルダンス:

« その頃の猫 | トップページ | アイスダンスのフリー »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック