フォト

おすすめ本

« 猫は警戒中 | トップページ | 千年杉というお菓子 »

冷え性と低体温

最近、話題になり始めた低体温。
一度下がると、免疫力がかなり弱まるとか。
ゆうべ、「ためしてガッテン」でやっていました。

冷え性というのは、自分が寒くて仕方がない、服を重ね着してもダメというタイプで、特に手足が冷たくなりやすい。
ところが、手足が冷たくなるのはまだ、いい方なんだそうです。
寒いときに内臓など大事な所に血液を集めて温度を保つために、手足はぎゅっと縮めて犠牲になって貰う。
そういう調節機能が働いているということだから。

体温が36度5分ぐらいあって、手足が冷えやすいという人は、末端は冷やさないように重ね着したほうがいい。
その上で、栄養のバランスや毎日軽い運動、規則正しい生活などを心がければ、改善の可能性大。

手足が冷たく、体温も低い人は、集めようにも温度が足りてない。
極端なダイエットや、筋力不足、甲状腺ホルモンの減少などが主な原因だそうです。
栄養不足、特にタンパク質の不足が考えられるので、毎食タンパク質をとる。
番組では、一食にトリ料理とマグロのお刺身と冷や奴など食べて、1週間で改善されてました!
(胃腸などに問題があって吸収しにくいタイプはもっとかかるのではと愚考しますが)

もう一つ、手足が温かくて、本人は冷えているという自覚がないのに、低体温という場合もある。
これは調節機能が何らかの原因で狂っているとのこと。
ぽかぽかしているのが実は~放熱しちゃってるんだそうです。内臓の調子がよくない人は要注意!
ほてりも冷えの一種と聞いたことがあるけど、これか~?

暑がりの父親の足が最近つるのはこれか!と本人も納得してました。
治す方法は同じ?だったかしら…
タンパク質は大事なのよね~~!
…他にポイントあったかなぁ~録画してないので、完全には覚えてないわ

[追記]HPで確認した所、寒さのセンサーが狂っている場合は、顔まわりを出して、やや薄着で20分ほど運動すると効果があるそうです。
ただし、急にはやらないこと。
とくに高齢者の場合は、血管が硬くなっているためなので、むしろ保温が大切。
足、背中、胸、腕、頭の順で、血管が収縮力を失いやすいんだそうです。

あ、それと、体温計はすぐ出すと低くなってしまうことがあるそう。
指定よりも長く挟んでおいた方が正確に測れるそうです。

私も体温低めで、かつ、どう考えても立派に冷え性ですが、体温はそうしょっちゅう測ってないので、どの程度なのか…
足は冷たいけど、手はけっこう温かい…上半身の調節が出来てないのかしら??

« 猫は警戒中 | トップページ | 千年杉というお菓子 »

コメント

これまで自分が冷え性と思ったことがなかったのですが、(むしろ、更年期障害のホットフラッシュ現象?)この夏、初めて膝が痛いほど冷えるという体験をしました。つらいものですねえ。
きのう、お食事会があり参加者を見ると、若いコはレースのキャミをチュニックから見せてるのに対して、オバサマは全員!タートルでしたわ(笑)だって、首がすうすうするもんねえと。
わたしは、ジムのホットスタジオでお昼寝をして体温を上げています。その後運動すると具合がいいです。

marieさん、
冷え性じゃないって、すごく幸せなことの一つですよ~うらやましい
膝の冷え、辛いですよね。
夏場は冷房が危険ですね。

若い人はレースのキャミ、そうでしょうね
タートルはもうなくてはならないもの!特に冬は有り難いですよ。着物は首筋が寒いのは困るんだなぁ…

ホットスタジオでお昼寝?
経験ないですけど…
うわ~なんだか、気持ちよさそう!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷え性と低体温:

« 猫は警戒中 | トップページ | 千年杉というお菓子 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック