フォト

おすすめ本

« ヒーターの前で | トップページ | 美術館でランチ »

「アイスクリン強し」

畠中恵「アイスクリン強し」講談社

「しゃばけ」シリーズが愛されている畠中さんの明治もの。
舞台は、明治23年の東京。
文明開化が急速に進む時代を生きる若者達をユーモラスに描きます。

主人公の皆川真次郎は、築地居留地で親を亡くして、外国人の用を足しながら育ちました。
外国人直伝の菓子作りの腕を生かして、西洋菓子店風琴屋を開くのです。
といっても、自分一人の店で、注文されたものを作るのも配達するのも自分なのですが。

ふだんから仲のいい友達は、元は徳川家旗本の跡取りだった身分なのですが、今は下っ端の警官となっている面々。
仲間うちで、自嘲気味に「若様組」と自称していました。
まだ西洋菓子はそれほど売れないので、真次郎は通詞の仕事で小金を稼いだり、警官の長瀬らと共にちょっとした事件の解決に参加したり。

成金の小泉商会のお嬢様・沙羅とは、幼なじみで友達付き合いをしています。
沙羅の通う女学校がらみの事件にかり出されたり。
店を軌道に乗せるための大事なパーティの料理を台無しにされて、間に合わせるために大奮闘したり。
謎の人物からの依頼に、みんなで頭を捻ったり。

世相の変化や厳しい情勢も踏まえながら、いきいきと楽しく描かれています。
チヨコレイト、シュウクリーム、アイスクリン、ゼリケーキ、ワッフルスとお菓子が章のタイトルになっているのも楽しい。

« ヒーターの前で | トップページ | 美術館でランチ »

コメント

この本、出たときからとっても気になっていたのですが、なぜかすぐ書店から姿を消してしまって……
明治時代の洋菓子ってどんなふうだったのか、とっても興味があります。アイスクリンと書くと、あっさりした氷っぽいものを想像しますが、それで合ってるのかしら? 
卵やバターって、きっと高級品だったんでしょうね。

marieさん、
これは絶対読まねば~って感じの本でしたよね。
可愛い雰囲気があって、時代色があって、って、すごく好みです。
アイスクリン…
当時の日本人には夢のような味だと思いますが…
どうなんでしょ?今と比較しては書いてなかったので…?
ここの仲間達には大人気なんだけど、一般にはまだ偏見もあったのかなあ??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/47006326

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイスクリン強し」:

« ヒーターの前で | トップページ | 美術館でランチ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック