フォト

おすすめ本

« 「チルドレン」 | トップページ | 「矢上教授の午後」 »

「トワイライト2」

ステファニー・メイヤー「トワイライト2」ヴィレッジブックス

雨と霧の街・フォークスで、吸血鬼のエドワードと恋に落ちた高校生のベラ。
けれども、ベラを愛するが故に、彼は去っていきました。
抜け殻になったベラを救ったのは、父の親友の孫に当たる少年・ジェイコブでした。
年下のジェイコブは最初は気の置けない弟のような存在ですが、ぐんぐん成長するにつれ、ベラにはっきり恋心を抱くようになり、ベラは困惑することに。

熊が街の近くに出没するという噂があり、ベラの父チャーリーも狩りに出るのですが…
ベラは、とても普通の動物とは言い難い異様な姿の巨大な獣を目撃します。
フォークスで一体、何が起こっているのか?

特殊な状況ですが、恋する心を切々と描きます。
恋の辛さを知っている人になら、共感できる面もあることでしょう。
まじめで一途なベラは、別れのつらさからなかなか立ち直れません。
エドワードの声を幻聴で聞いたことに、ささやかな期待を抱きます。
そんなベラを心配するジェイコブの思いも…
彼もある意味、運命の人なのですね。
[これからすぐ読む人は、ここまでにしておいて下さい~一部だけ、ネタばれ。わざと触れていない点もあるので、お楽しみに]

一方、ベラの身には、他の危険が迫っていました。
居留地界隈に出没していたのは女吸血鬼で、命を狙われていたのはベラだったのです。
ベラを案じて、予知能力のあるアリスが駆けつけてきますが…
一転、エドワードに危機が迫る~~?
イタリアに飛んで、吸血鬼の長老のような存在まで登場する大冒険へ。

ロマンチック・ホラーで、映画化もされているベストセラーの第二部。
盛り上がります。
ちょうど映画も宣伝してましたね。
4まで発行されていて、5で完結らしいです。
ご紹介は1だけにしようか迷いましたが…
海外の物が少ないので、アップしてみました。

« 「チルドレン」 | トップページ | 「矢上教授の午後」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/47348431

この記事へのトラックバック一覧です: 「トワイライト2」:

« 「チルドレン」 | トップページ | 「矢上教授の午後」 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック