フォト

おすすめ本

« 箱はチェックしないとね | トップページ | 「こんな日本でよかったね」 »

「猫とともに去りぬ」

ロダーリ「猫とともに去りぬ」光文社古典新訳文庫

イタリアでは非常に有名だというロダーリ。
ユーモラスで軽やかに読めてしまう短編集なので、オススメです。
子供を好きな星新一?みたいな印象。

風刺のきいた文学の他に、絵本もたくさん書いていたそうです。
子供達の教育に自ら乗り出し、雑誌やラジオ番組でも活動し、実際に子供とふれあって創作活動をしたりと多彩な活動ぶり。
1960年代にイタリアの教育を変えた、というほどの存在だったとは、知りませんでした。

表題作「猫とともに去りぬ」は~
昔は駅長だったアントニオ氏が家族に相手にされず、ふと家を出て、猫が古代ローマの遺跡に住み着いているアルジェンティーナ広場で暮らすことにします。
猫と自動車の縄張りを隔てる鉄柵を越えると、彼の姿は猫に変わったのでした。
向かいに住んでいた女性だという猫に話しかけられ、広場の猫の半分は人間業を辞めた猫だと知る…

つぎつぎに魚に変身して、ヴェネツィアを水没から救う一家の~楽しげなお話も。
栓抜き部品工場の社長マンブレッティ氏(何度も登場する人)が、庭園の樹に命令して花を咲かせようとし、庭師は奮闘するが…

黒い馬に銃ではなくピアノを乗せて?放浪するカウボーイの~ナンセンスだが風刺的にシャープな話だとか…
チヴィタヴェッキアの郵便配達人が余り急いで眠ったら、前日に逆戻りしていたとか…ふしぎな世界。
ピサの斜塔をクイズの賞品にした宇宙人、等々。

作者は1920生まれ~80年没。
ファンタジーは人間の精神・人格を形成する大切な物と考えていたとのこと。
人類愛、反差別、自由の概念を上質な笑いと共に表現。
1970年、児童文学のノーベル賞ともいわれる「国際アンデルセン作家賞」を受賞。

« 箱はチェックしないとね | トップページ | 「こんな日本でよかったね」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/46803406

この記事へのトラックバック一覧です: 「猫とともに去りぬ」:

« 箱はチェックしないとね | トップページ | 「こんな日本でよかったね」 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック