フォト

おすすめ本

« かぼちゃのキッシュ | トップページ | NHK杯、やってますよ~ »

「脳にいいことだけをやりなさい!」

マーシャ・シャイモフ「「脳にいいこと」だけをやりなさい!」三笠書房

脳に良いこととは…?
脳がイキイキする考え方とは。
幸福感は人によってある程度まで幅が決まっていて、同じ状況でも時がたつと、大体そのあたりに落ち着いてくるんだそうです。
人は不幸にも幸福にも慣れてしまうのですね。

けれども、幸福感を上げることは出来る…
感じ方を変え、不幸感を減らすにはコツがあるそうです。
悪口や傷ついた気持ちをいつまでも抱え込んでいると、物事は悪い方向へ。
どうなれば幸せか、理想的な自分とは?
脳の仕組み、気持ちの整理の仕方が具体的に書かれていて、参考になりました。
悟りを開いたような人の例まであるので幅広いですが~すぐ手をつけられる事から、まんべんなく書かれています。
全体に明るい雰囲気がただよっているので、読んでいるだけでも、何となく元気が出てきます。

これを読んだのは、けっこう前です。
最初にやったチェックをしばらくしてまたやると幸福感が上がっているそうで、実際に私が1週間後にやってみたら、幸福感が約60%から70%に上がっていました!
こういう本の中で、かなり説得力や実効があった方だと思います

…ただ、その後、個人的に大変な時期があったので、すっかり疲れてしまい~記憶も遠のいて、あれは何だったんだろう?みたいな気分もありまして。
どう紹介したものか、とまどいを覚えて、アップしてませんでした。
…はっ、もしかして、これ幸福感の幅の限界のせい…??
疲れる理由があるときには、それはそうしたもんですからねえ…睡眠不足じゃ、まずは静かに休むしかない?

うつの人には「頑張れ」って励ましちゃいけないんですよね。
頑張って疲れてしまい、自分ではどうにも出来なくなっているのが病気なのだから。
こういう自己啓発系の本を読んで真剣になりすぎると、自分に「頑張れ頑張れ」って言ってるようなことになるかも知れない。

もちろん別に、この本にも、どの本にも、疲れているときにまで無理をしろなんて事は書かれてないんですが。
むしろ、苦しいときにも悪く考えすぎないようにと…
具体的に何かを達成しようと行動するわけにいかない時期でも、心を落ち着かせることは出来る…っていうことでしょうか
穏やかな心で、いい面を見るのを忘れないようにして、焦らないこと…かな?

« かぼちゃのキッシュ | トップページ | NHK杯、やってますよ~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「脳にいいことだけをやりなさい!」:

« かぼちゃのキッシュ | トップページ | NHK杯、やってますよ~ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック