フォト

おすすめ本

« 手のひらのランジェリー展 | トップページ | 「歌うダイヤモンド」 »

「遊興一匹 迷い猫預かってます」

金井美恵子「遊興一匹 迷い猫預かってます」新潮文庫

ある日、飛び込んできた子猫。
絵を描いてポスターを貼りますが~飼い主は現れず、独身姉妹で去勢猫を飼うことに。
黒トラなので、トラーと名付けたそう。語尾を伸ばすのがポイント!
一ヶ月たって3.5キロかあ、けっこう大きかったのね。

呼ぶと駆けてきて「ン、グググ」と鳴いて喉を鳴らし、お腹を見せて転がるので、飼い主としては「ウッ可愛い。じゃんじゃん甘やかしてやろう」と決心してしまう。
宅配便で新鮮な魚を注文してやったりと思いっきり甘やかしつつも、そういう自分を見る距離感や、ちょっとした身の回りの出来事への鋭い視線、渋めのユーモアただよう文章で読ませます。

姉妹いっしょには旅行も出来ないし、マーキングにも困らせられる、行方知れずになればたいそう心配することに。
まったくの他者、自分とは違う生き物を受け入れるという経験。
冷静な筆致で分析しつつ、結局は「可愛いからとしか言えない」というのも楽しい。
去勢猫は甘えん坊で飼いにくいとか、いやメスだって甘やかせば同じですよ、うふふ。

近所の人にも可愛がられて、幸せそうな猫の姿に、しみじみ幸せな気分に。
文庫後書きには、7.5キロになって獣医さんにイリオモテちゃんと呼ばれているとか。
好みのタイプだわ
平成5年単行本発行、平成8年(1996年)文庫化。

« 手のひらのランジェリー展 | トップページ | 「歌うダイヤモンド」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「遊興一匹 迷い猫預かってます」:

« 手のひらのランジェリー展 | トップページ | 「歌うダイヤモンド」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック