フォト

おすすめ本

« 映画「マリー・アントワネット」 | トップページ | 「うつは食べ物が原因だった!」 »

「ハロウィーンに完璧なカボチャ」

レスリー・メイヤー「ハロウィーンに完璧なカボチャ」創元推理文庫

ルーシー・ストーンのシリーズ。
気軽に読めるミステリです。
4人目の子が生まれたばかりの幸せな主婦・ルーシーは、ミステリマニアで好奇心が強い。
赤ちゃんは一ヶ月半になり、べったりと過ごしていました。
のどかな?ティンカーズコーヴの町の周辺で放火事件が相次ぎ、古い屋敷が全焼、女主人が発見されます。
女主人の夫が浮気していたと突き止め、怪しいのでは?と睨むルーシー。

一方、町の図書館を仕切ってきた名物女性ミス・ティリーが高齢となり、交通事故を起こすのを目撃、介護申請を手伝おうとします。
介護で用意してくれる食事なんてマカロニチーズのパックじゃないの?と抵抗を示すミス・ティリー。
それって~「貧困大国アメリカ」にあった低所得層の肥満の原因ってやつですね

ルーシーの夫・ビルは、19世紀の町並みを保存しようという歴史委員会に参加を要請されました。
修復が専門の大工なので、張り切るのですが~意外と難しい役目らしい。
長男は反抗期に入りかけていて人前では母と一緒になりたがらない。といった家族の変遷もありつつ。

ハロウィーンの準備や当日の~いかにもアメリカらしいにぎわいが楽しい。
それぞれに仮装の趣向を凝らし、パーティではいろいろな賞に選ばれるんです。
子供達とカボチャ畑に出向いて、それらしい大きなカボチャを選ぶと、向こうも商売でこれが高価なんですね。
でもカボチャ大王はこれでなくちゃ!と、決めるのでした。
読んだのはもっと前ですが~ハロウィーンが近くなってからアップしようと待ってたんですよ

« 映画「マリー・アントワネット」 | トップページ | 「うつは食べ物が原因だった!」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ハロウィーンに完璧なカボチャ」:

« 映画「マリー・アントワネット」 | トップページ | 「うつは食べ物が原因だった!」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック