フォト

おすすめ本

« たまにはアマトリチャーナ | トップページ | 「ベンジャミン・バトン」 »

「会社でうつ 休むと元気ハツラツな人」

海原純子「会社でうつ 休むと元気ハツラツな人ー「仮面を脱げない」新しい「心の病」がある。」文藝春秋

心の健康の問題についての本です。
まず、誤解されやすいこととして、「うつ病とうつ状態は違う」という点の説明がありました。
読んでみると、うつ病は毎日、一日中抑鬱状態で何をする気もおこらないのがずっと続くのだそうで、何とも辛そうです。
こういうのを、気のせいと言ってはいけないのよね。

しかし、うつ病までは行かなくとも、うつ状態というのも楽ではありませんよね…
仕事をすると、うつ状態になるタイプ、というのも~最近増えてきたそうで、大きな問題。
単なるさぼりと誤解されることもある、弱さと誤解されることもある、これは違うという指摘は重要かも。

親の望んだコースを歩いたために自分に合わない仕事をしていたり、恋人や夫に求められる役割と一体化しているうちに、自分が何をしたいのか見失って、何もしたくなくなったり。
具体例が、いかにもありそうで、わかりやすい。
微妙に~身につまされてしまいます。

日本では、子供を産んで一人前の女で、まずそれをしないと認められないというプレッシャーがかかっている。
また、感情を抑えるのが美徳とされてきた面がある。これは男女共通。
確かにそういう点はあるかも。

また、「コミュニケーションの壁」というのがあって、思いこみの強い人には話してもなかなか理解して貰えない。
親や周りに理解して貰えないまま、いつしか感情を抑圧していると…
ボロが出ていれば、それがガス抜きになって、病までは至らない。まじめな人が完璧に演じすぎると生きる力を失う。
な、なるほど…
きちんと計画を決めてしまうと実行してしまう性格なので、無理しないように方針を決めておくことも大切かもね。

では、どうすればいいかというと…
自分と対話し、とりもどしていくことができれば…!
まず自分が気づくことで、しだいに可能性が開けていくそうです。

著者は医学博士。1984年、日本初の女性クリニック開設。
1999年より歌手活動も。
2年間仕事を休んでいた経験からにじみ出る、本当にしたい仕事への思いが説得力あり。
2008年11月発行。

« たまにはアマトリチャーナ | トップページ | 「ベンジャミン・バトン」 »

コメント

パニック障害からうつ病を発病してかれこれ6年になります。このくらい長期になると「難治性うつ病」のカテゴリに入るらしいです。
仕事はひたすらきつく、先日、薬がないまま会社近くのホテルに一泊したときにはその夜から次の日まで軽い地獄を見ました。いままでの無理な残業も薬によって支えられていたことを実感しました。自分はもう一生付き合っていくと腹をくくっているのでいいのですが、他の人は知りませんが、うつ状態が極限に達すると、自分が何をすればいいのでわからないまま、身体的にも文字通り全く体が動かなくなります。食事なんて喉を通りません。ぜんまいが切れたおもちゃのよに、同じ姿勢で固まったままになります。
最近話題の新型うつ病って何なんでしょうね。私としてはあれをうつ病のカテゴリに入れたくありません。

ご隠居様、
いらっしゃいませ~。
きつそうですね…お大事に。
付き合い続けるしかないんでしょうかねえ‥

私も時々、調子が悪くなるので、これなのか?とか思いながら色々読んでみています。
過去にはそう、食べ物の味もわからなかったり、じっとしたまま動けなかったりという大変な時期もありました。
幸か不幸か、同時に身体の病気や怪我がはっきりあったので、そちらの治療がもっぱらになるのですが。

新型うつ病ねえ、軽い場合はうつ状態ぐらいなのかな?重い人も中にはいるんでしょうか‥

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「会社でうつ 休むと元気ハツラツな人」:

« たまにはアマトリチャーナ | トップページ | 「ベンジャミン・バトン」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック