フォト

おすすめ本

« 二人で準備 | トップページ | 8月の花たち »

「晩夏に捧ぐ」

大崎梢「晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ・出張編」東京創元社

本屋の店員が謎を解く!
シリーズ2冊目で、出だしのアリバイを巡るエピソード以外は、出張編で、まとまった話になっています。

成風堂に勤めている杏子は真面目な正社員で、毎日忙しく働いていますが、気になることは解決したい方。
アルバイト店員の多恵は、さらに探偵の才能があるのです。
帰郷して老舗の本屋(通称まるう堂)に勤めている美保から、杏子に頼みが。
名探偵の多絵を連れて、謎を解きに来て欲しいという…

いぜんに嘉多山成治という作家が弟子に殺された事件があり、その弟子の幽霊がまるう堂に出没?
まるう堂の老店主はその作家も弟子もよく知っていたためか、店を閉めることまで考える悩みよう。
かっては、大作家の恩恵を受けて栄えた田舎町なのでした。
弟子の小松秋郎は、真犯人ではないのでは?という説もいまだに飛び交う状態で、謎は深まるばかり。
彼女たちが到着した後にも、幽霊は目撃されます。
はたして真相は…?

小さな謎を解決する短編で始まったこのシリーズ。
今回は殺人事件ありですが、27年前なのでまあ…それほど恐くはありません。
過去の事件についての関係者は、普通のミステリに近いのですが~作家というのも確かに本屋に深く関わっているという共通性が。
探偵役の女の子達がリアル感ある働き者で、好感が持てます。
アルバイト店員の多恵は、仕事の覚えは良いのに、ものすごく手先が不器用で包装が苦手という欠点があり、そこが愛嬌?

« 二人で準備 | トップページ | 8月の花たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「晩夏に捧ぐ」:

« 二人で準備 | トップページ | 8月の花たち »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック