フォト

おすすめ本

« 夏姫さんとお着替え | トップページ | 猫のびる季節 »

「注文の多い地中海グルメ・クルージング」

デイヴィッド・シャレック「注文の多い地中海グルメ・クルージング」早川書房

地中海でセレブの夫妻に雇われて、一人で奮闘したシェフ・デイヴィッドの体験談です。
アメリカ人ですが、イタリア各地で料理修行を重ねていたんですね。シェフとしての自覚が足りないといわれてしまう場面も。成長物と言えるでしょうね。

さて、5ヶ月をかけて地中海をクルーズするプライベートヨット・セレニティ。
80億リラ(500万ドル)する船で、再装するのに30億リラかかったものだそう。
オーナー夫妻はヘリで週末ごとに訪れたり、子ども達や友達のヨットと同行したり。
料理の注文はなかなか厳しく、重複するメニューは出さず、魚介をメインに、寄港地の名産も使うこと。フォアグラは常備。突発的なお客にも対応できるように。
パーティの時は、おかわりも用意すること。
パーティは最高200人分…
200人も宿泊するわけではないけれど、次々にセレブが集まってくるパーティが一度あるんですね。
厨房は案外狭いし、助手もなしで(配るのにはスチュワードはいるけど)5ヶ月という~ずいぶん無理な注文じゃないのか?という大変さ。
けれども、忙しい時には他のクルーも見かねて?めいっぱい手伝ってくれます。

豪華ヨットに乗っているクルーは数人なので、シェフも時には甲板で操作を手伝うために、色々教えて貰うのでした。
これは意外でした~!
仲間として役立つのが嬉しいようですが、時には手を怪我してしまう事態も。
レガッタにも参加。レースの模様は迫力あります。

乗組員は多国籍。その理由がイタリア人はバカンスだからとわかって来たりして。
フランス人のスチュワード・リックと仲良くなり、助け合います。
船長のパトリックと航海士のケヴィンの確執など、いろいろな人間模様が展開するのでした。
難しい注文も出したオーナーの夫人には認められて、イギリスでのパーティーの料理も頼まれたりすることに。

ほとんどドキュメンタリーですが、5年間の経験の面白いところを一夏にまとめてあります。
著者はその後、料理番組のプロデュースなどに活躍しているそうです。
美味しそうなメニューがたくさん。レシピ付き。

« 夏姫さんとお着替え | トップページ | 猫のびる季節 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「注文の多い地中海グルメ・クルージング」:

« 夏姫さんとお着替え | トップページ | 猫のびる季節 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック