フォト

おすすめ本

« 「日本を変えよう」 | トップページ | ホラー?な猫 »

「スリーピング・ドール」

ジェフリー・ディーヴァー「スリーピング・ドール」文藝春秋

前作「ウォッチメイカー」にも登場していた女性をヒロインにした~スピンオフ作品です。
キャサリン・ダンスは、カリフォルニア州捜査局(CBI)の捜査官。
人の表情や仕草で感情や真意を読み取るキネシスク分析の天才。人間嘘発見器ともいわれていました。

カルト指導者的な殺人者ダニエル・ペルが脱獄、尋問に当たっていたキャサリンが指揮をとることになります。
亡くなった夫の友達で付き合いの長い保安官オニールや、この事件のために駆けつけたFBIのケロッグ、犯罪実話作家ネーグルなどと協力しながら、捜査を進めるのでした。
脱獄は周到に用意されたらしく、巧みな追跡はあと一歩でかわされ、困難を極めます。
なぜかモンテレー郡を離れずに隠れているらしい~ペルの目的は何か?

二人の子の母である未亡人のキャサリンの家庭やこれまでの経歴、父母や同僚などしっかり書き込まれた背景も、ディーヴァーにしてはゆったりと読ませます。
かってペルと集団生活をしていた女性達に話を聞き、被害者一家の生き残りの少女テレサとも会おうとするキャサリン。
尋問の天才の面目は?

事件に巻き込まれた女性の気持ちに焦点を当てているのが、新味のあるところでしょうか。
犯人の側の視点も交え、意外な展開でつないでいくのはディーヴァーならでは。
事件の真相も単純ではなく、人間の色々な面が描かれているのが面白いです。
後半は展開が早まり、期待通りに二転三転。面白かったですよ。

2007年の作品、2008年10月翻訳発行。

« 「日本を変えよう」 | トップページ | ホラー?な猫 »

コメント

図書館で借りて読みました。
もうかなり前の作品なんですね。ライムものじゃなかったので、買わなかったのね。

最後のどんでん返し三連続はなかなかやりましたね! でも、時間が経つとそういうことするかなあ…と、ちょっと疑問も。
キャサリンのような親がいたらいやだろうなあ~ だってウソが見破られるんですよ。ウソを見破る方法がいろいろ書かれていて、そうか、気をつけようと(おいおい~)参考になりました。

marieさん、
キャサリン・ダンス物一作目ですね。
あ、読んでなかったですか~?!
2008年の作品…時のたつのは早いです~。
最後のどんでん返し…
お、思い出せない…っ??

嘘を見破る方法!
役に立つかしら…そのうち、また読んでみます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スリーピング・ドール」:

« 「日本を変えよう」 | トップページ | ホラー?な猫 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック