フォト

おすすめ本

« 「女王の矢ーヴァルデマール王国年代記1」 | トップページ | 2009年前半に読んだ海外小説 »

「いっちばん」

畠中恵「いっちばん」新潮社

2008年7月発行。しゃばけシリーズ第7弾。
いつものメンバーの~かわいくて楽しいお話でした。

表題作になっているのが「いっちばん」
長崎屋の若だんなの元気がない!
もともと病弱なのですが~幼なじみの栄吉が、和菓子作りの修行のために家を離れているので寂しいんですね。
前の通町界隈に掏摸が出て、しかも金持ち狙いなので問題に。
日限の親分が若だんなに相談に来ましたが、肝心の若だんなは…
元気を出して貰うにはどうしたら一番良いか?と頭をひねる妖たちです。
金平糖をかじる鳴家がかわいい。

「いっぷく」は、新しく店を出した唐物屋が、廻船問屋長崎屋に勝負をしかけてくる顛末。
江戸時代の商売のありさまが面白いです。

「天狗の使い魔」は、気がついたら天狗と空を飛んでいた若だんな。
さらった天狗の名は、信濃山六鬼坊。
話し相手だった山伏が亡くなったので、せめて山伏が飼っていた管狐を貰い受けようとしたがいれられず、人質として若だんなをさらったとわかります。
それは無理な要求なのですが…
なんとか納得させられないかと勝負しようと持ちかける若だんなが優しい。

「餡子はあまいか」は、安野屋で修行している栄吉が巻き込まれた事件。
器用な新入りは達成感がなかったらしく、栄吉は1つのことをやり続けることも才と言われるのでした。
「ひなのちよがみ」はお雛ちゃんのもめ事。
珍しく、若だんなの推理は必要なかったというのも…またよきかな?

« 「女王の矢ーヴァルデマール王国年代記1」 | トップページ | 2009年前半に読んだ海外小説 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/45221900

この記事へのトラックバック一覧です: 「いっちばん」:

« 「女王の矢ーヴァルデマール王国年代記1」 | トップページ | 2009年前半に読んだ海外小説 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック