フォト

おすすめ本

« お昼寝タイム | トップページ | ピンクのワンピの少女 »

「見知らぬ場所」

ジュンパ・ラヒリ「見知らぬ場所」新潮社

かねて評価の高いインド系女性作家の三冊目の本です。
アメリカに住むインド系の家族の葛藤が幾つか描かれ、何とも鮮やかな風景に、胸にしみいるような人生の一こまが展開します。
感情の機微の描き方のうまいことったら~。

表題作は、シアトルで夫のアダムと息子のアカーシュと暮らすインド系の女性・ルーマと、その父の話。
母を亡くしてから父は仕事も辞め、次々にヨーロッパへ旅行に出かけるようになったのでした。見え隠れする女性の影…
口数が少ない父でしたが、来てみたら孫を可愛がり、意外なほど手もかからない。
父の視点からも描かれていて、互いに再発見する面もあるのですが…

母が叔父に寄せていた激しい慕情を後に知る「地獄/天国」
姉が不安げに弟を見守る失望と哀惜の歳月「よいところだけ」
ラヒリって、どういう頭の中身をしているんだろう…??

ラヒリのデビューは短編集「停電の夜に」
次は長篇「その名にちなんで」で、映画化もされました。
そしてこれは前半が短編、後半は連作形式「ヘーマとカウシク」と、組み合わせも凝っています。

幼なじみの少女へーマと初恋の少年カウシク。
ヘーマの地味な家庭にしばらく居座った金持ちの夫婦と息子でした。華やかに見えた少年の母は、じつは癌で死を迎えるためにボンベイから転居してきたのでした…
戦場カメラマンとなったカウシクとのイタリアでつかの間の再会。
命のきらめきと不思議さ、はかなさ。
実在するとしか思えないような細部の描写に手応えがあって、胸が締め付けられるようです。

« お昼寝タイム | トップページ | ピンクのワンピの少女 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「見知らぬ場所」:

« お昼寝タイム | トップページ | ピンクのワンピの少女 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック