フォト

おすすめ本

« 道明寺と桜餅 | トップページ | ハーブティーとフルーツケーキ »

「魔女と暮らせば」

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ「魔女と暮らせば 大魔法使いクレストマンシー」徳間書店

大魔法使いクレストマンシーのシリーズ。
エリック・チャントと姉のグウェンドリンは、両親が外輪船の事故でなくなり、孤児になります。
募金が集まったため暮らしてはいけるので、同じアパートのシャープさんに引きとられることに。
姉は魔術の勉強に通って才能を発揮、魔女や呪術師が多い町で人気を集めます。
からきし才能のないおとなしいエリック(通称キャット)もそれなりに暮らしていたのですが…

大魔法使いクレストマンシーがいぜん父に宛てた手紙が出てきたので問い合わせたところ、魔法の城に引き取られることに。
正体もよくわからないまま暮らし始めますが、子どもが魔法を使うことを禁じられた姉は怒り、嫌がらせに魔法を使いまくるのです。
この魔法がおかしいの。
あっさり無視されて、いよいよひどくなる一方…

グウェンドリンはかっての魔法の師と良からぬたくらみをしていたようで、急に他の世界へ行ってしまい、入れ違いにそっくりなジャネットが!
本当の姉にひどい目に遭わされた人々には白い目で見られ、しかもドラゴンの血を違法に買った借金が残されていて?!
姉の身代わりのジャネットをかばいながら、エリックは追いつめられますが…
面白おかしく書かれていて、わくわくドキドキ楽しく読めます。

「クリストファーの魔法の旅」のクリストファーが、25年後のこちらでは大魔法使いになっているので、どっちが先でも楽しめます。
1978年ガーディアン賞受賞作。
1984年「魔女集会通り26番地」の題名で邦訳され、日本に最初に紹介されたジョーンズ作品だそうです。

« 道明寺と桜餅 | トップページ | ハーブティーとフルーツケーキ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/44251086

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔女と暮らせば」:

« 道明寺と桜餅 | トップページ | ハーブティーとフルーツケーキ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック