フォト

おすすめ本

« 今年のお雛様 | トップページ | ピンクのぼかしの着物で雛祭り »

「運命の日」

デニス・ルヘイン「運命の日」

ルヘイン(またはレヘイン)の5年ぶりの長篇、力作です。
舞台は、第一次大戦末期のアメリカ。

ベーブ・ルースが若き日に遠征先で、黒人だけのチームのうまさに驚いて、無邪気に参加するシーンで始まります。
他の白人選手が加わってきて、最後は無理押しで勝つ後味の悪さ。想像を絶する差別がまかり通っていた時代なのでした。
ベーブ・ルースはこの後も折りに触れて登場し、印象的なシーンを作っています。

このときにいた黒人の一人ルーサー・ローレンスは、恋人と新興の街タルサに渡り、差別の少ない土地で成功しかけるのですが…
仲間のジェシーのごまかしがばれ、銃撃戦に巻き込まれてしまいます。

同じ頃、ボクシングの試合に出ていたのが、コグリン警部を父に持つ巡査ダニー。
こちらは白人、ハンサムで恵まれた育ちですが、うまくいかないことも抱えていました。
当時は巡査の待遇は悪く、物価急上昇にも対応しないままの安月給。
ダニーは、刑事昇進と引き替えに、潜入してボルシェビキやテロリストの活動を探るように命じられます。
ロシア革命の影響でそういった活動も活発になり、政府側が神経をとがらせている時代でもあったのですね。
同じアパートのイタリア人親子と付き合いが出来て、美しい娘のテッサと親密になりますが…

コグリン家は、たたき上げのしたたかな警部トマスが家長として君臨するアイルランド系の一家でした。
家政婦のノラは、道で凍えていたのを警部が拾って連れてきたアイルランド移民の女性。
長男ダニーと密かに愛し合うようになりましたが、故郷に夫があったと知って、ダニーは別れたのです。
父親よりも純粋なところのあるダニーの不器用な人柄がなかなか魅力的です。
次男コナーがその事実を知らないまま、ノラに惹かれていくのですが…

一方、黒人のルーサーはタルサからボストンに逃げ延びて、コグリン家に雇われ、ダニーともノラとも親しくなっていきますが、やはり過去に追いつかれることに。
人望あるダニーはあちこちで評価されるのですが、待遇改善を約束した意欲的な市警本部長が急死するという不運にあい、スト破りの部署にとばされて、板挟みに…
警官のストライキという前代未聞の状態で、ボストンの街は大荒れに荒れます。
大きな時代のうねりの中、必死にあがく人々の鮮烈な生き方と、熱い心の通い合いを描ききっています。 

1918~19年、インフルエンザが大流行して数多くの死者も出た激動の時期。
ボストンでこれほどの事件があったとは、知りませんでした。
2008年発行の重厚な意欲作。
すぐに映画化が決まったようです。
ちょっと日本の「警官の血」を思い起こさせるところもありますね。

« 今年のお雛様 | トップページ | ピンクのぼかしの着物で雛祭り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「運命の日」:

« 今年のお雛様 | トップページ | ピンクのぼかしの着物で雛祭り »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック