フォト

おすすめ本

« お人形のバレンタイン | トップページ | 紅梅白梅 »

「源氏物語の時代 一条天皇と后たちのものがたり」

「源氏物語の時代 一条天皇と后たちのものがたり」朝日選書

源氏物語の書かれた時代を、わかりやすく解説してあります。
後の世に、「聖帝の御代」といわれた一条天皇。
権力者・藤原道長の傀儡のように思われがちですが、善政をしき、中宮・定子への純愛を貫いた生涯として位置づける解釈。

生まれながらの権力者のように思える道長も、三男に生まれて、ごく若いうちは兄二人の陰に隠れた存在だったことなど。
まあそれは知ってますが…具体的な役職などをあげて明快に解説してあり、おさらいにも適した本だと思います。
当時は権力争いも激しいのですが、疫病で突然なくなったりもしますから、わからないものですよね。

一条天皇は、天皇の第一子として生まれたのに、母以外の女性が皇后になったために両親がやや疎遠だったという寂しい育ちだったそうです。これは知らなかったことで、意外な印象です。
中宮・定子は一条よりも年上で、暖かい家庭で良い教育を受けて育ったため、聡明な人柄で、明るく知的な雰囲気の宮廷を築いた女性なのですね。
兄の藤原伊周と弟の隆家が事件を起こして流罪とされたために、いったんは出家し、宮廷を退くことになるのですが…

定子に仕えた清少納言は、もう熱烈に崇拝するように尊敬していますよね。
紫式部が仕えた皇后・彰子はおっとりして年若かったので、彰子への思いは母性的なものだったのかもと、多くの記録を元に推測。
清少納言と紫式部はすれ違うように出仕しているので、日常的に張り合う時期などはほとんどなかったはずですが、その後もずっと定子をほめたたえた枕草子が出回っていたので、ライバル意識はあったのではないかという視点も面白い。

道長の娘で勝者であった皇后・彰子は、定子をライバル視していた形跡はないのですね。
勝敗は彰子が大人になる前に決していたので、それまで周りはすごかったでしょう。
定子の遺児・敦康親王を手元で育てていたので、次の天皇にと機会あるごとに推していたとは、初めて知りました。
当時は、十数年もたたずに天皇は退位して交代するのが普通だった、という事情もあり、待っていれば必ず自分の子にも回ってくると予測されたわけですが。
夫の一条の気持ちを汲み、自分の子だけでなく、異腹の子のことを思うゆとりある心のありようがうかがわれます。
この妻と一条は、夫婦としてじゅうぶん成功したように思われるので、定子だけを愛したというのは言い過ぎのような気がしないでもないですけどね。

« お人形のバレンタイン | トップページ | 紅梅白梅 »

コメント

清少納言が好きなので、彼女がああも褒め称える定子皇后とはどんな方だったのだろうかと思います。宮仕えの様子がほんといきいきと楽しく書かれていて、今も昔もおんなじだなあと。
道長の娘は3人お后になったけれど、みんなが幸せになったわけではなさそう。彰子は運の強い女性だったんですね。

marieさん、
清少納言は機知に富んでいて、さわやかな印象がありますよね。
定子はそれほどの女性だったのに…
定子の残した恋心を歌った歌などもあり、一条天皇とはほんとに愛し合ってた感じ。
でも彰子もなかなかの人物なんじゃないですかね~。
他の娘は…天皇に相手にされなかった人もいたみたいですから?
彰子が一番長生きして、孫達にも大事にされて。
ほんとに運が強い感じですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「源氏物語の時代 一条天皇と后たちのものがたり」:

« お人形のバレンタイン | トップページ | 紅梅白梅 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック