フォト

おすすめ本

« お祝いの食事 | トップページ | 「象と耳鳴り」 »

「ダレン・シャン」

ダレン・シャン「ダレン・シャン1 危険なサーカス」小学館ファンタジー文庫

自分の身に起きた本当の話…
という始まりで語られる、元気な男の子のとんでもない冒険。
サッカーの得意なダレンは、街に来たフリーク・サーカスを親友のスティーブと見に行きます。
仲良し4人の男子の中で、一番気の荒いスティーブは、ホラー系の記事を切り抜いているマニアでもありました。
ショーを見ている途中で顔色を変え、ダレンを帰らせて、その場に残ります。
蜘蛛を操るミスター・クレプスリーをバンパイアと見破り、弟子にしてくれと頼み込んでいるのを、友達を心配して残ったダレンも物陰で聞いてしまうのでした。

一方、タランチュラに魅せられたダレンは何と…
吸血鬼といっても独自な設定のようですが、怖さも含めて興味をそそる展開はなかなか鮮やかです。
冒険に乗り出したダレンは、妹のアニーと両親との平和な家族から離れることになるのか?
ダークな展開にびっくり~ホラー系ファンタジー?

2000年の作品。
2001年から翻訳発行は始まっています。作者はアイルランド出身、ケーブルテレビ勤務とか。

« お祝いの食事 | トップページ | 「象と耳鳴り」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/43976643

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダレン・シャン」:

« お祝いの食事 | トップページ | 「象と耳鳴り」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック