フォト

おすすめ本

« チョコレートのデザート | トップページ | お人形のバレンタイン »

「村田エフェンディ滞土録」

梨木香歩「村田エフェンディ滞土録」角川書店

1899年、土耳古(トルコ)に留学した村田の手記という形。
エフェンディというのは、トルコで知識階級の男性に対してつける尊称で、ちょうど「先生」と言われるのに似た感じだそうです。そういえば「イスタンブールの群狼」などにも出ていましたね。
歴史物というか、前半はファンタジーといった方が良いのか…

スタンブールの下宿に集う国際的な顔ぶれの友人達に起こる出来事が、どこか乾いた空気の中、最初はゆったりしたタッチで描かれます。
英国人のディクソン未亡人が営む下宿には、トルコ人の下男ムハンマド、美男のギリシャ人のディミィトリス、ドイツ人考古学者オットーなどが生活していました。
拾ってきた鸚鵡のエピソードなど、いかにも楽しい。

苦難の旅を続けて到着した日本人・木下を見舞い、お礼にと稲荷の札を貰って困惑する~宗教心のない村田。
さらに、バザールで売っていたアヌビス像も預かります。すると怪異現象が…?!
下宿の礎石は、正体もわからないほど古い遺跡を流用してあるらしく、そこの神々と争っているかのよう…?

ふだんは顔を隠しているイスラムの女性達の、室内で見せる妖艶な美貌に驚いて、これは隠すのも無理ないと思ったりする村田でした。
終盤は時代からいって、革命や戦争へとつながり、厳しく切ない展開に。
とりどりの要素が不思議な印象を残します。

帰国後に村田が「家守奇譚」の家に転がり込むあたり、あの作品を読んでいる読者には楽しいですね。
2002年から書かれ、平成16年発行。文庫本も出ました。

« チョコレートのデザート | トップページ | お人形のバレンタイン »

コメント

読まれたんですね!
梨木香歩さんの本の中では一番好きかもしれません、家守綺譚と対で。
登場人物もそれぞれいい絡みなんですが、鸚鵡がまたいいんですよね。ユーモラスで後で切なくてぐっと来ます。
家守綺譚のふたりが登場するのもいいけど、彼らの後日談がうかがえるのも楽しいです。
こんなに好きなのに、最初はタイトルから何故か取っ付きにくくて小難しそうに思えてなかなか手に取らなかった本です。

浅葱さん、
読みましたよ~happy01
これは私もタイトルの意味がわからなくて、取っつきにくく感じてたんです!
ご推薦があったので、楽しみに読みましたconfident
「家守奇譚」もお気に入りです。なんか、するすると入ってきて…
同じ作者でも「裏庭」だけ、実はそれほど波長が合わなかったんですよ。

鸚鵡がまた、ユーモラスだし、何とも言えなくてね~~。
なんか説明しきれない気分が残ってるんですけど、それだけこの作品は気に入ったって事で。
面白かったですshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/43934175

この記事へのトラックバック一覧です: 「村田エフェンディ滞土録」:

« チョコレートのデザート | トップページ | お人形のバレンタイン »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック