フォト

おすすめ本

« お正月の晴れ着で立ちポーズ | トップページ | 「またの名はグレイス」 »

「虚空の旅人」

上橋菜穂子「虚空の旅人」新潮文庫

守り人シリーズ4作目ですが、守り人という題になっていない~外伝的位置。
子どもにも読める文章になっていますが、リアルで立体的な構成で、大人の鑑賞に堪えるファンタジーです。

新ヨゴ皇国の皇太子チャグムは、サンガル王国の王位継承の祝典に招かれて、星読博士の若いシュガと共に訪れます。
島の多い国サンガルは、王家の娘達が島守りに嫁ぐことで結束を固めていました。
かっての小領主が、今も島守りとして自分の領土を守っているのです。
ところが、大国の回し者が島守りを誘惑…

島守りの元で、漁師と共に育てられたたくましい次男タルサン王子が、何者かに操られ、跡継ぎの兄に向かって銛を投げるという暴挙に。
宮廷は大混乱に…チャグムは、陰謀の渦中へ飛び込んだ形となってしまいます。

ナユーグル・ライタの目という~哀しい運命を背負った幼女も。
皇族は神聖とされる国で育ったチャグムは、深窓の大人しいお坊ちゃんに見えるのですが、そこはバルサと放浪の旅をした経験のある少年。
いざというときに活躍するかっこよさ!
勝ち気なサルーナ王女や「海をただよう民ラッシャロー」の一途な少女スリナァも活躍。
東南アジアの風物がお好きな方にもおすすめです。

« お正月の晴れ着で立ちポーズ | トップページ | 「またの名はグレイス」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/43697705

この記事へのトラックバック一覧です: 「虚空の旅人」:

« お正月の晴れ着で立ちポーズ | トップページ | 「またの名はグレイス」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック