フォト

おすすめ本

« 今年もよろしく | トップページ | お人形の初春 »

お正月のごちそう

Vfsh6797まずは、おみやげの蟹と、30日に一日がかりでゆっくり作った力作のなます。Vfsh6796

蟹は既にこのように取り分けた後なので、少ないです…
おとそ代わりにワインとシャンメリー(お子様シャンパン)で。
左は三の重。
てきとうに作ったお煮染めと、茨城の親戚からのわかさぎなど。

これはVfsh6799一の重~かまぼこは、仙台の親戚から。
黒豆ときんとんは、生協に注文しておいた物。
田作りは自作~一番簡単なやり方にしたので、数分で出来ました!

Vfsh6798二の重は、鮎屋の昆布巻きや、自作のスコッチエッグ。
あ、お雑煮は撮るの忘れました…会津風の大根雑煮です。

Vfsh6801お料理の締めくくりは、いただきものの、かぶら寿司。
紅白が綺麗~

Vfsh6803切ると、こんな感じです~。
しっかり麹の味のしみた蕪と、イキイキした感覚が残るぶりが美味しかったです~!

« 今年もよろしく | トップページ | お人形の初春 »

コメント

あけましておめでとうございます

お雑煮・・大根雑煮ってあるんですね
こっちは元旦二日は小豆雑煮といって甘さのほとんど無いぜんざいのようなお雑煮です。

友人が四国で白みそに餡餅って組み合わせでしたし、本当にいろいろですねえ

そうそう、今年も宜しくお願いします♪

むぎこさん、
あけましておめでとうございます~
うちのお雑煮は大根を千切りにして人参とゴボウと揚げを少し入れて煮たものに、角餅です。
これは福島の母の実家ので、隣村でも父の家だと微妙に違うらしいの。

小豆雑煮!?
それは珍しいですねえ~初めて聞いた県民の秘密?!
うちは雑煮の後にお汁粉を毎年食べて、シメなんです。これは会津なら必ずというわけではなく、甘党だからだと思います~

今年もよろしくお願いします!

温かなお正月の雰囲気が伝わってくるお正月のごおちそうですね~! かぶらずしがお仲間に入れていただいけてうれしいです。毎年同じようで少しずつ変化していくお正月。時の流れをふと感じることがあります。今年もみんながそろって無事にお正月を迎えられるって、幸せなんですね。

きのうは実家に行ってきました。毎年の座敷で毎年のごちそう。でも、みんなちょっとずつ年をとるんだなあ……

我が家のおせちのハイライトは、なんと言っても母手作りの黒豆です。きょうの料理の土井勝さんの作り方だそうです。

わたしも実家でおせち作りましたよ~
まぁ、毎年同じなんですけどね。
そういえば、今年、なますは2種類作りました。母の作る昔風の甘いなますと、私の砂糖を殆ど入れないなますと。実は私は甘いなますが苦手なのです。
こちららしいものといえば、ホタテのみそ漬けとかかしら。去年書いたような気もしますが、こちらではお正月になると普段見ないような大きなホタテを用意するのが通例です。んで、ことしもそれでみそ漬けやらお刺身やらしました。
お刺身と言えば、大晦日に市場へ生ものの最後の買い出しに行ったら、思いの外よいお刺身が何種類も手には入って、それはそれはゴーカになりました。お値段もゴーカでしたけど。
昨日はチルドルームにとっておいた毛ガニのおなかのところとミソを使ってカニチャーハンをしました。ミソ入りだと美味しいんですよ~。というわけで、お正月のごちそうは、昨日までにほぼ食べきりました。
> marieさん
わたしの母も豆を煮るのが上手で自慢です。ことしはいい黒豆が手に入らなかったので、作りませんでしたが、もともと私の地方では黒豆はやらないのです。そのかわり、白いお多福豆(と、全国区では呼ぶはず)をゆっくり形よく煮たものは、毎年お正月の食卓には必ず載せます。私は豆を煮る根気がないので、これだけは今でも母のを食べてます。

>marieさん、
そうですね~無事に家族でお正月を迎えられたのが何よりです。
いぜんはもっと、大量に手作りしておりました。
年末は母がきりきりして、こき使われて大変だったものです
今年もあれがまだなんじゃないのとチェックしてきたり、なますの一部を切ったり味を見たりはしてました。
その時々、けっこう変わっているんですが、これぐらいあれば、寂しくはないかな…

かぶら寿司、ありがとうございました~。
写真うつりもなかなか?今年はお魚の切り身が厚かったみたいな…美味しくいただきました!

>しあんさん、
すごく美味しい物をたくさん手作りしていそうですね~!一口味見をしたいぐらい!?
ホタテのみそづけ、美味しそう!ですが~そんな大きなホタテを見かけないんですよね…

なますは二通りですか!なるほど~。
子どもの頃は味がきつくて食べられなかったんですよ。私が作ると長持ちしない感じに…
今年は入れた順番で、ものによって味が違いました

お正月にお刺身を食べる習慣はないですね!
ご飯を炊かないから…って感じだけど、もとは両親とも海から遠い土地の出だからでしょうね。
毛がに…美味しそう~
黒豆は母も美味しく煮るのをずいぶん研究していて、近所に差し上げたりもしていました。
売ってる物が美味しくなったので、私は戦意喪失してます

sanaさん、うちでは、お刺身食べるの、お正月じゃなくて大晦日なんです。いや、もちろんお正月にも食べますけど、大晦日の年越しのために買ってくるんですよね。うちでは昔から何故か年越しが重要なイベントなんです。「御年取り」と言います。この習慣、うちと、その親戚以外では聞いたことがありませんね。今住んでいる家に引っ越す前は、一人ずつお膳に御口取りを用意してやっていたほどです。
今でも、大晦日の食卓には、かなりごちそうを並べて、家長である父が今年の締めくくりの挨拶をしてからいただくということになっています。ここ数年は、年越しに私と母と3人しか居ないですけど。今年のお刺身は、カレイ、真鯛(養殖でないのがあったので父が買いました)、シマアジ、中トロ、でした。もちろん、全部サク買いです。私がお刺身にして盛りつけました。
甘くないなますは、今年思いつきで作ったものです。いただき物のゆずやかぼすが4つほど残っていたので、これら柑橘類の果汁メインで作りました。お砂糖をほんの少しとみりんを足して、甘酸っぱいけど、砂糖を感じないくらいの味にしてみました。なかなか美味しかったですよ。

しあんさん、
あ、お刺身って大晦日に買ってらしたってことは~当日食べますよねえ!
カレイ、真鯛、シマアジ、中トロ?豪勢ですね~
うちはお刺身、昨日の夜でした。

御年取りですか~あ、うちの親もいぜんは大晦日にご馳走食べたと言ってましたよ!なんていうんだったか…
総出で働いた後のねぎらいみたいな感じだったのかな

なます、柑橘類を搾ってですか。自然な甘みになるかな…?
今年はなますの出来はまあまあでしたが、お雑煮がちょっと…風邪ひいてしまってからだったので、量も少なく泥縄で。
正月準備はなかなか万全というわけに行かないですね~

うちの地方では、お刺身を昆布に挟んでしめるんです。昆布じめというんですが、これをお正月に食べます。だって、3日間ありますからねえ。冷蔵技術が発達してない昔の工夫でしょう。で、これを昆布から外して鱈の子を付けて食べるものを子付けと言います。

年越しのごちそうの話、聞いたことがありますよ! おせちより豪華だという話ですが。

marieさん、
昆布じめという言葉は全国区じゃないかしら…そちらが本場なのかな?
新鮮なお魚の食べ方が色々あるんでしょうねえ!

私は…どっかで見て、やったこともある、程度。
親の郷里ではないかも。川魚は干すか焼くかした方が良さそうですよね。干した魚をお椀に入れるのが祝い膳の定番でした。半干しのイワナを煮たのは超美味しいですよ!

年越しはやっぱり、親に聞いたら、大家族の頃の話だけど、一人一人にお膳つけたそうです。
元旦より豪勢なぐらいだったんですって!

いちおう、昆布じめは富山の特産品となってます~ でも、お料理の本などで紹介されて全国区になったようです。富山は北前船の中継地点だったとかで、昆布を使った食べ物が多いようです。
干したお魚もおいしいのはおいしいですね! 氷見はブリで有名ですが、干物もおいしいんです。何が違うのかな?

marieさん、
昆布じめって、富山の特産品だったんですか!
北前船の中継地点?
昆布は出しになって、美味しいですよね。
美味しい物の発祥地なんですね~

干物って美味しいですよね?
水分が抜けるせいなのか…焼き魚も美味しいし…
あ~夜中にお腹すいてきました

うちのルーツは長野と茨城と千葉なんですが、昆布じめはお正月料理の定番だったりします。昆布お酒でふいて白身のお刺身のっけて(ひらめとか鯛とか)軽く塩ふって上に昆布を重ねてアルミホイルでくるんで1日ちょっと置いておくだけで出来てしまう筈です(これは正式の昆布じめではないかもしれないけど、とっても簡単、私の大好物。ぜひおためしあれ。

やれやれ、やっと帰ってきました。
午後から出勤しようと思っていたけど、ヘタレてやめました。

昆布じめは、もはや全国区でしょうね。だって、北海道にさえあったんですもの。お刺身を買い出しに行った市場で、売っていました。数年前まではありませんでしたよ。昆布でしめると、昆布のうまみがうつって、身もしまって、美味しくなりますよね!

> marieさん
昆布じめって、
同居人の実家の福井でもよく見かけますので、北陸一帯の名物かなと思っていたのですが、富山が特産なんですね!
昆布って、北陸には専門店があるんですよね。奥井海生堂って、福井じゃなかったかしら。生産地の北海道じゃなくて、北前船の中継地点に問屋や専門店があるって、面白いです。でも、日本でも有数の昆布消費地って、沖縄だって聞いたことあります。これも北前船の貿易によるものだそうです。でも、沖縄に昆布じめがあるとは聞かないなぁ?

>由比さん、
わあ、その作り方、ほんとに「簡単で美味しそう」って感じですね!
挑戦してみますよ~
ルーツはほぼ関東圏の感じでしょうか。
海から近いか遠いかでも違ってきますよね。

>しあんさん、
数年前にはなかった昆布じめが今は北海道にも…なるほど。
福井と富山…区別つきません…
どっちも行ったことないしぃ~
北前船、大活躍なんですね!
北海道の食べ物って美味しいからなあ~
昆布の食べ過ぎでなる珍しい病気、北海道のどこかでしか起きないとか聞いたことがありますけどね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お正月のごちそう:

« 今年もよろしく | トップページ | お人形の初春 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック