フォト

おすすめ本

« 「あれも嫌いこれも好き」 | トップページ | 季節のフルーツのワッフル »

「上と外」

恩田陸「上と外」幻冬舎

2000年に文庫6冊で書き下ろしされた作品を、2007年上下巻にまとめた新装版。
子どもの視点で書かれているので、子どもにも読みやすいでしょう。

祖父と暮らす中学2年の練と、母と暮らす小学6年の妹・千華子。
両親が離婚した後も、一家4人で年に一度は集まっていました。
この夏も、中米のG国で発掘に携わっている考古学者の父・賢のもとへ。

ところが、どこか異様な緊張がただよっていたのは、母が恋人との再婚を決めていたからでした。
しかし、クーデターに巻き込まれて事態は急転、それどころじゃなくなります。子ども達はヘリからジャングルに放り出されてしまうのです。

密集した木々の上に着地した練と千華子兄妹。
見渡す限り、鬱蒼とした森…
マヤの遺跡を目指して、サバイバルが始まったのです。
異様な轟音の響く巨大な人工の建築にぶつかり、どこからともなく現れた少年ニコに助けられますが…
ジャガーのいる地下洞窟での成人儀式への参加を強要されるのでした。

一方、とらわれの身になりながら、懸命に捜索を続けようとする親たち。
日本でも、ネットや大使館を通じて、さまざまな救出の動きが起きていました。
祖父にもまた意外な人脈があるあたり、頼もしい。
ところが、火山の噴火も始まり…

いったい、話をどう広げるのだろうかと思っていたら、描ききりましたね~映画のような大冒険活劇!
新生G国の登場と、家族それぞれの特技を生かした健闘、子どもが大人になっていく~なかなか夢のある展開で、楽しめましたよ。

« 「あれも嫌いこれも好き」 | トップページ | 季節のフルーツのワッフル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/43803470

この記事へのトラックバック一覧です: 「上と外」:

« 「あれも嫌いこれも好き」 | トップページ | 季節のフルーツのワッフル »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック