フォト

おすすめ本

« 「食べてやせる人 食べないで太る人」 | トップページ | 2008年に紹介した国内小説 »

2008年に紹介した海外小説

2008年1月
「双生児」 クリストファー・プリースト
「幼き子らよ、我がもとへ」 ピーター・トレメイン
「数学的にありえない」 アダム・ファウアー
「ギフト」 アーシュラ・K.ル=グウィン
「赤き死の訪れ」 ポール・ドハティ
「飛ぶのがフライ」 ジル・チャーチル
「祝宴」 ディック・フランシス

2月
「殺しはノンカロリー」 コリン・ホルト・ソウヤー
「竜と竪琴師」 アン・マキャフリイ
「水底の骨」 アーロン・エルキンズ
「ガラスの宮殿」 アミタヴ・ゴーシュ
「でかした、ジーヴス!」 P.G.ウッドハウス
「贖罪」 イアン・マキューアン
「幸運は誰に?」 カール・ハイアセン

3月
「略奪」 アーロン・エルキンズ
「ヴォイス」 アーシュラ・K.ル=グウィン
「ジェイン・オースティンの読書会」 カレン・ジョイ・ファウラー
「奇跡の自転車」 ロン・マクラーティ
「ジェイミーの墓標」 ダイアナ・ガバルドン

4月
「病める狐」 ミネット・ウォルターズ
「骨の島」 アーロン・エルキンズ
「ウォッチメイカー」 ジェフリー・ディーヴァー
「黄金の羅針盤」 フィリップ・プルマン
「時の彼方の再会」 ダイアナ・ガバルドン
「Y氏の終わり」 スカーレット・トマス
「終決者たち」 マイクル・コナリー
「骨の城」 アーロン・エルキンズ

5月
「マンスフィールド・パーク」 ジェーン・オースティン
「白い犬とブランコ」 莫言
「パイレーティカ」 タニス・リー
「リヴァイアサン号殺人事件」 ボリス・アクーニン
「大鴉の啼く冬」 アン・クリーヴス
「説きふせられて」 ジェーン・オースティン

6月
「血染めのエッグコージイ事件」 ジェームズ・アンダースン
「竜の挑戦」 アン・マキャフリイ
「物しか書けなかった物書き」 ロバート・トゥーイ
「死体にもカバーを」 エレイン・ヴィエッツ
「オドの魔法学校」 パトリシア・A・マキリップ
「狡猾なる死神よ」 サラ・スチュアート・テイラー
「切り裂かれたミンクコート事件」 ジェームズ・アンダースン
「愛は売るもの」 ジル・チャーチル
「シタフォードの秘密」 アガサ・クリスティ
ここまで42冊

7月
「アキレス将軍暗殺事件」 ボリス・アクーニン
「動く指」 アガサ・クリスティ
「殺人作家同盟」 ピーター・ラヴゼイ
「影の棲む城」 ロイス・マクマスター・ビジョルド
「ブランディングズ城の夏の稲妻」 P.G.ウッドハウス
「復讐はお好き?」 カール・ハイアセン
「スリーピング・マーダー」 アガサ・クリスティ
「教会の悪魔」 ポール・ドハティ
「スーラ」 トニ・モリスン
「ダルジールの死」 レジナルド・ヒル

8月
「紳士たちの遊戯」 ジョアン・ハリス
「分別と多感」 ジェーン・オースティン
「目くらましの道」 ヘニング・マンケル
「親指のうずき」 アガサ・クリスティ
「カスに向かって撃て」 ジャネット・イヴァノヴィッチ
「剣の輪舞」 エレン・カシュナー
「詩人たちの旅」 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「影との戦い」 アーシュラ・K.ル=グウィン

9月
「聖なる島々へ」 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「こわれた指輪」 アーシュラ・K.ル=グウィン
「さいはての島へ」 アーシュラ・K.ル=グウィン
「ある秘密」 フィリップ・グランベール
「スカーレット・ピンパーネル」 バロネス・オルツィ
「ちびの聖者」 ジョルジュ・シムノン

10月
「夜明けのフロスト」 R.D.ウィングフィールド
「コレラの時代の愛」 ガブリエル・ガルシア=マルケス
「呪文の織り手」 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「エヴァ・トラウト」 エリザベス・ボウエン
「ママ、決心したよ!」  ベイリー・ホワイト
「グレースと公爵」 グレース・エリオット
「密林の骨」 アーロン・エルキンズ
「ハートシェイプトボックス」 ジョー・ヒル

11月
「バスルームから気合いを込めて」 ジャネット・イヴァノヴィッチ
「バルザックと小さな中国のお針子」 ダイ・シージエ
「イスタンブールの群狼」 ジェイソン・グッドウィン
「浴室」  ジャン・フィリップ・トゥーサン
「薪の結婚」 ジョナサン・キャロル
「時の彼方の王冠」 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「悪魔の薔薇」 タニス・リー
「パワー」 アーシュラ・K.ル=グウィン

12月
「ジーヴスと朝のよろこび」 P.G.ウッドハウス
「塵よりよみがえり」 レイ・ブラッドベリ
「白い果実」 ジェフリー・フォード
「チェンジリング・シー」 パトリシア・A.マキリップ
「20世紀の幽霊たち」 ジョー・ヒル

後半45冊・計87冊…たぶん。
読んだ冊数が一番多いのは、ル=グウィンで、6冊ですね。
「ギフト」から始まった「西のはての年代記」がとても良くて。
改めて読み直した「ゲド戦記」も、今読むとこう感じるのかと感慨しきり。

ダイアナ・ガバルドンは2作ですが、これも上中下で6冊です。
アーロン・エルキンズが5冊。
ジェイン・オースティンが再読含めて4冊かな。
ダイアナ・ウィン・ジョーンズも4冊。
クリスティも4冊~どれも再読ですが。

初めて読んだ作家で、重量級のが印象に残っています。
前半ベストは「ガラスの宮殿」ですね。「贖罪」と迷うところだけど。
後半は…う~ん…「パワー」かな。
「コレラの時代の愛」も面白かったです。

ミステリなら…前半「ウォッチメイカー」後半「ダルジールの死」かなあ~。
「狡猾なる死神よ」「薪の結婚」もよかった。
ジョー・ヒル登場の年!でもありますね。

あと紹介しなかったけど、大問題作「乱鴉の饗宴」も発行された年でした!
期待のシリーズですが、ここで翻訳者が変わって、訳語を大幅に変更したため、大混乱に~
それはともかく感想をアップするつもりだったのですが、何と読み終わったら~お気に入りが出てこないで終わったために面白くなかったので、やる気をなくして対象外に。
読みにくかったせいもあるだろうけど…coldsweats01

こんなにたくさんの本を買って所持しているわけではございませんよ。
ほとんど図書館利用~一部、古本も有りです。
でも「乱鴉」は買ったのよー!
おまけに、文庫版ではおそらく改訂されるので、そっちも買うかも。
シリーズ全体は評価しているし、多分この後は面白くなると思うので!

« 「食べてやせる人 食べないで太る人」 | トップページ | 2008年に紹介した国内小説 »

コメント

海外小説、読んでない……
なんてことでしょう! 若いときは、あんなにすらすら読めたのに、今や頭に入ってこないんです。「乱鴉の饗宴」はねえ…あれは、完結してないもん。後半にたたみかけてくるマーティンさまの実力は発揮されてなかったですね。
わたしが一番おもしろかったのは、「ティファニーで朝食を」の村上春樹版かな。

marieさん、
海外物、最近あまり読まれてないですか~?
そういう時もありますよねー。
私もミステリ以外は何年もあまり読んでなかったです。
読んでなかった分、急に読んでますが~構築的で濃いです!海外のは…

「乱鴉」はそうなんですよ~盛り上がるぞと思っているところへ、次回に続く、ですもの~泣くわweep

春樹翻訳、いいですか?
挑戦してみようかしらhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/43699012

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年に紹介した海外小説:

« 「食べてやせる人 食べないで太る人」 | トップページ | 2008年に紹介した国内小説 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック