フォト

おすすめ本

« 「小袖日記」 | トップページ | 「荒野」 »

「白い果実」

ジェフリー・フォード「白い果実」国書刊行会

1997年、世界幻想文学大賞受賞作。
20世紀の最後を飾る奇書、とは訳者の弁。2004年8月発行。
翻訳は山尾悠子・金原端人・谷垣暁美の3人がかり。
新作にしては、前世紀初頭に書かれた古典を読むような文章にやや戸惑いましたが、もとの味わいを出そうと苦心したらしい。

理想形態市(ウェルビルトシティ)は、独裁者ドラクトン・ビロウが築いた、クリスタルとピンクの珊瑚で出来た街。
主人公のクレイは、一級観相官。
四輪馬車の迎えに乗り、北方の属領にある鉱山の町・アナマソビアへ出立する所から始まります。

アナマソビアではブルースパイアの発掘が行われ、青い粉を吸い込んだ鉱夫はいずれ青く染まって全身ブルースパイアと化すという。
観相が異常に発達している時代で、幼女が人狼であることを見抜いた功績もあるクレイ。人狼がいるわけですね。
「白い果実」の盗難をめぐって、アナマソビアへ派遣されたのは左遷に近く、上手くやらなければ失墜するリスクがありました。
白い果実というのは、外界から来た物らしく正体は確かではないのですが決して腐らないので貴重とされ、不老不死の妙薬と見なされていたのです。

クレイは町中の人間の観相をして犯人捜しをするのですが、才能のある美しい娘アーラに出会って魅了され、禁を破って助手とします。
ところが滞在中に一時なぜか観相の知識を失い、ごまかしながら仕事を続ける羽目に。
美薬という麻薬の中毒も相まって、とんでもない事態を引き起こしてしまいます。
運命は暗転しますが、流刑地での見張り役は双子なのか二重人格なのか同一人物なのか不明だったり、世話をしてくれるのが賢い猿だったりと、作者の豊かなイメージは氾濫し続けます。
後半でまた急展開。

「旅人」と呼ばれる人間ではないようなミイラの真実は?楽園とは?
カフカの「城」とか…いろいろ思い出します。
独裁と暴力と血と苦難と革命と…あまり興味のない要素が多いので、感情移入は出来ないけど、楽園のイメージや、えらい目に遭うサイテーな主人公とは対極的な世界がある暗示に、いくらか希望も見えます。
続編もあり、三部作の予定だそうです。
架空世界を作り上げたパワーはとにかく、ものすごい!
読んだのは月初めですが、アップに時間がかかりました。年内はもうこんな濃いのは読めないだろうなぁ…coldsweats01

« 「小袖日記」 | トップページ | 「荒野」 »

コメント

まぁ!お読みなったのですね!
「シャルビューク夫人の肖像」とは全くテイストが違うので、少し驚かれたのでは?
私は「シャルビューク夫人の肖像」よりも、こっちの方に作者の才能を感じます。
私はこちらを先に読んだので、シャルビューク夫人は面白かったけど、食い足りない印象だったかな。あれも、いわば異世界ではあるんですけどね。雪の結晶を保存できる、という設定において。そして、作者はその世界の構築の方を書きたかったのかなぁとは思いましたが。
こういうどこにもない世界を作り上げてしまう才能というのは、すごいなぁと、異世界作出型の作家を読むといつも思うんですが、この作品の世界の、イメージの暴走とも言えるような状況はちょっとクラクラするほどです。たしかに濃いですわ・・・

三部作の日本語訳刊行は既に終わっていて、2巻目以降、訳者が違います。なんか、意図的にそうしたらしいのですが、ちょっと戸惑いましたね。わたしは詩というものを全く読まないので知らない方なのですが、続巻の訳者の貞奴さんて、有名な詩人なのでしょうか。
ともあれ、2巻以降も、頭の中で全てを映像化できないような(実はわたしは本を読んでいると、たいてい自動的に映像が浮かんでしまい、読書と同時に頭の中で映画を再生しているようになってしまうのです。登場人物たちが動いて話して、風景や物は勝手にパンしたりズームしたりします。あとで思い出すとき、映画で見たのか本を読んだのか分からないときがあります。ははは・・)、つまり、私のちゃちな想像力ではおっつかないような世界が展開していきます。3巻目は、ほぼ独裁者ビロウが主人公のように思えるほど、世界とビロウの頭の中がリンクしていきます。
結末は、意外といえば意外なのかも知れないけど、そうだろうな、と納得できるという感じです。どんでん返しとか、そうきたか、というのとは違いますね。あぁ、説明したいけど、ネタバレするし~~~、年が明けたら続きをお読みになってくださいね!

上で、3巻がビロウとリンクしていくと書きましたが、直接リンクしているわけではないです。それをいったら、1巻の方が最初からリンクしてますね。頭痛がすると・・・だし(笑)

しあんさん、
ほんとにテイスト違いますよね!
あの「シャルビューク夫人…」のと思って読み始めたのに、途中で~この作家、一作目じゃないはずだけど、何を読んだんだっけ?と思った程でしたよ。
イメージの奔流で、それが何というのか…ごつごつしていて、同じトーンで出来ていないような。
「シャルビューク夫人…」もとんでもない想像が飛躍していましたが~もっと精緻で優雅な感じ。
こちらほど世界そのものを構築してある~豪傑な感じはなかったですよね。

あ、もう刊行終わってるんですね!
この本の後書きの時点の情報しか知りませんでしたcoldsweats01

しあんさんて、すごく映像的感性なんだ~wink
私もそういう時もたまにあるかな…毎回ではないです。
頭痛が起きたら…?
あの世界はビロウの作り上げた世界なんですよね!
作者にはそういう実感があったのかも…?thunder

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/43189730

この記事へのトラックバック一覧です: 「白い果実」:

« 「小袖日記」 | トップページ | 「荒野」 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック