フォト

おすすめ本

« 「コレラの時代の愛」 | トップページ | 「弥勒の月」 »

ハロウィーンはいつ?

ところどころにハロウィーンの飾り付けを見かける時期になりました。
Vfsh6094カボチャやとんがり帽子は可愛くて、小物だと面白いかな。
これはスーパーのプリンなどのコーナーにあった物。
これも季節感ですよね。
Vfsh6095カボチャのモンブラン、美味しいですよ。
エクレアは包装にマークがあるだけで、中身は普通のエクレアですけど。

幼稚園で催しをやったりする所もあるそうですね。
大人は知らなかったりするので~いきなり「いたずらか、お菓子か!」「お菓子をくれ」と言っても応じてもらえないでしょうが!?
日本ではカボチャといえば冬至だし~
「万聖節」っていう翻訳は素敵だけど~意味がわからないかも。
八百万の神…とは違うし。
お盆、でもないし…
水木しげるの妖怪がみんな出てくる日、ということにでもしたら、わかりやすい?

[追記:おわびと訂正]ハロウィンは万霊節だそうです!
万聖節というのは11月1日の、All Saints' dayなんですって~。
ご隠居様、ご教示ありがとうございました。

« 「コレラの時代の愛」 | トップページ | 「弥勒の月」 »

コメント

ハロウィンというと、魔女や骸骨とか不気味なイメージだったんですが、この頃は日本風なのか、かわいいハロウィングッズが目立ちますね。ほんとは、死者がお化けや魔物に混じってあの世から帰ってくるコワイ日のはずなのに…… 先日買ったハロウィンのスイートセットなんか、かわいいうさぎさんがついてました。うさぎ…関係ないですよね?

marieさん、
あまりブラックなのよりは可愛い目なのもいいかと思いますが…
うさぎ?
…うさぎの魔物じゃないですよね?
あ、ウサギはお月見とか、日本ではどっちかというと秋だから、それで混ざっちゃったのかな?
だったら菊とかも(混ざりすぎ~)

こんばんわ。こちらには初めてお邪魔します。
ハロウィンは「万霊節(All Souls' Day)」で、11月1日が「万聖節(All Saints' day)」になります。
もともとはケルト民族の季節の節目(&お祭り)であるSamhainがキリスト教化されるうちにハロウィーンに転じたといわれています。同様にイギリスのメイデイもケルトのBeltaneの名残りです。

カボチャで作るジャックオランタンはアメリカで発生したもののようで、イギリスでは見かけませんでした。ランタンは別の植物の実で作ってた記憶があります。

隠居さま、
いらっしゃいませ~(^^)
あ、万霊節でしたか!ありがとうございます。後で記事も直しておきます。
ケルト系のお祭りかなという気はしてましたが…Samhain?それは知りませんでした。

ベルテーンというと、聞きますが~メイデイなんですか!
なんかイメージが混乱?coldsweats01

カボチャはアメリカ産ですか~。
日本では最近ハッピーハロウィンとかいって、カボチャのマークと、カボチャのお菓子と、オレンジ色(カボチャ色?)と黒のパッケージ、てとこまではお決まりになり始めたようですねえ??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/42703664

この記事へのトラックバック一覧です: ハロウィーンはいつ?:

« 「コレラの時代の愛」 | トップページ | 「弥勒の月」 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック