フォト

おすすめ本

« 「スカーレット・ピンパーネル」 | トップページ | 「切羽へ」 »

ちょっと、衣装展

Vfsh5864舞台衣裳の展示をやっていると教えて貰い、出かけてきました。
日比谷シャンテの2階の通路に2点ずつぐらい数カ所に~全部で11…?いえ、12点ですね~ショーガールのを忘れてた!
まず、これだけは舞台も見た「エル・アルコン」主役の衣裳。
そういえば、原作のマンガでもこの形、ありましたよね…濃紺がりりしい。
Vfsh5868女海賊ギルダの衣裳~
女性役でも甘さがないキャラなので独特ですね。
細かいところまで素敵です。

Vfsh5895「赤と黒」のジュリアン・ソレルの黒い服。
水色はレナール夫人か、マチルドかしら?
舞台は見ていないのでわかりませんが。

Vfsh5876これは何かショーガールみたいな?可愛いので目を引きました。

Vfsh5882これは男役さんのショーの衣裳。
宝塚ならでは、ですね!

« 「スカーレット・ピンパーネル」 | トップページ | 「切羽へ」 »

コメント

ステージの上では、本物のお高いドレスより、安っぽいペラペラのドレスの方がライトの下でぐうんと映えることがありますね。あれって、本当に不思議。
そう思ってみると、デフォルメというか、エッセンスだけ取り入れて華麗に見えるように工夫してあるなあと。
キラキラの衣装もライトの下だったら夢のようにきれいでしょう。
ううむ、本物が見たくなってきた~

marieさん、
遠目に見て綺麗に映えるように~細かすぎないようにとか、ライトの当たりぐあいとか…経験で工夫してあるんでしょうね!
エル・アルコンはひたすら着替え続けてたみたいだし~衣裳は重要ですよね(^^)
間近に見ると縫いつけてあるパールビーズの配置とか、綺麗ですよ~。
ぜひ舞台もご覧くださいませ(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと、衣装展:

« 「スカーレット・ピンパーネル」 | トップページ | 「切羽へ」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック