« 「詩人たちの旅」 | トップページ | 「夏の約束」 »

晩夏の着物姿

Vfsh5634ここしばらく、こういう格好でいて貰いました~。
着物はいぜん作った浴衣兼用のもの。
向かって左、水色の着物の~帯は前に作ったのですが、渋すぎて使っていなかったのを発見。
骨董市で手に入れた古布を使っています。
涼しげな色合いになるかな?と。
向かって右、この間から着ている大きな花柄の着物のお嬢さんは、トンボの柄の新しい帯で、もう少し、若々しく。帯揚げはちょうどいい色がなかったので、リボンを使っています。
Vfsh5639生地屋さんで買った端布で、紙みたいな素材なのが夏帯っぽいかな、と。
たたんだときに意外に厚みがあって、扱いやすくはなかったですけどね~。
Vfsh5643「あら、ちょっと帯がゆがんでいるわよ、直してあげましょうか?」
「きゃあ、ほんと?おねえさま、直して~」なんてねhappy01

« 「詩人たちの旅」 | トップページ | 「夏の約束」 »

お人形」カテゴリの記事

コメント

いつもながら雰囲気うまく出てますね~!
トンボの帯、アンティークの麻の帯にそっくり。
昔のものは夏物でもとっても色や模様が派手で、絽の振袖なんて華やかですよ。ピンク色のほうなんかいかにもありそうです。
二人はどんな会話を交わしているのかしら?

marieさん、
ありがとうございます~happy01
昔の夏物、派手なんですか。なるほど~絽の振り袖もあったんですよね。
ピンクの布は新しい物で特に和柄でもないんですが(日本製ではあるけど)~色合いが着物っぽくてお気に入り。
いぜんは週に一度はどっかの生地屋さんをのぞいてチェックしていたんですよ。
それでも夏帯っぽい素材はなかなかなくて、ずいぶん探しました~coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/42315867

この記事へのトラックバック一覧です: 晩夏の着物姿:

« 「詩人たちの旅」 | トップページ | 「夏の約束」 »