フォト

おすすめ本

« 「きつねのはなし」 | トップページ | 2008年前半に紹介した海外小説 »

桜桃のモンブラン

Vfsh5454あれこれ迷った末に、ちょっと珍しい気がしたチェリーのデザートに。
チョコクリームの下はカスタード。
上の柔らかさの割にケーキは固くてガッツリ。
渇いた食感は紅茶に合うんですが、ちょっと切りにくかった。(デザート職人しんごちゃんにつくって貰ってキャアキャア喜びつつ「…固い」と言ってちらっと見るゲストを連想してしまいましたよ。前夜の扮装が綺麗だったもんで印象に残っていて)
上に載ってるのは砂糖錦でしょうね。…あれ、佐藤錦っていうんでしたっけ?
シャーベットもいけました。…桜桃じゃなくてラズベリーのシャーベットだったように思うけど。
7月に入って、高野のパフェはやっぱり桃がメインに変わっていましたけど~
マンゴーのデザートも2種類はあったようです。

« 「きつねのはなし」 | トップページ | 2008年前半に紹介した海外小説 »

コメント

そろそろ桜桃も終わりですかねぇ。
日本のさくらんぼは本当にあっという間に終わってしまいますね。
佐藤錦は、佐藤さんが作った品種だから佐藤錦なんですって。私もずっと砂糖錦だと思ってました。
クリームの下のケーキが堅いとのことでしたが、モンブラン、という名前なので、きっと原型の栗のモンブランを真似た結果なんでしょう。栗のモンブランはたいてい、一番下はメレンゲの焼いたのだから。あれも私は食べにくいと思いますけどcoldsweats01
どうせならさくっと堅ければまだしも、クリームが乗っているせいで湿っているときとか、困っちゃいますよね。この桜桃モンブランの下のは、ビスキュイ生地を薄く焼いてあるのかな~?だとしたら湿ったビスケットみたいな感じになっちゃってるかも。

しあんさん、
桜桃って季節感のあるものですよね~今時珍しいぐらい?cherry
チェリーの砂糖漬けは年中あるけど。

「さとうにしきはさすがに甘い」と言い習わしてたんで砂糖のような気がしてたんですが漢字で書くと違和感が…
佐藤さんて人が作ったんですかー!

モンブランの下はメレンゲ!ってそういえば、ありますね。
あれ伝統的なものだったんですか。雪山のイメージなのかな。
このモンブランの下は1.5センチぐらいある何というか…日本で言うビスケットではないですね。
昔からある素朴な焼き方みたいな?固いケーキです~coldsweats01

佐藤錦、どこが美味しいのかイマイチ分からない味音痴です。
「子供の頃学校帰りに食べていた渡辺さん家のグミの実の味」
と、言ったら、凄く嫌がられました。
以来、私に佐藤錦を食べる権利はありません。
ま、食べなくてもちっとも惜しくないんですが。
(ちょっと負け惜しみ)

櫻子さん、
そりゃ〜また、そのグミが美味しかったんですねえ、きっと。
味覚は人それぞれだから〜
どんな物でも嫌いな人がいないってことはないそうですよねwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/41784512

この記事へのトラックバック一覧です: 桜桃のモンブラン:

« 「きつねのはなし」 | トップページ | 2008年前半に紹介した海外小説 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック