フォト

おすすめ本

« 十二単の巻き寿し | トップページ | しっぽが2本 »

「グラスホッパー」

伊坂幸太郎「グラスホッパー」角川書店

2004年の作品。
フロイラインという非合法な活動をしている会社に入り込んだ鈴木。
妻の交通事故死の原因を作ったのが、ここの社長・寺原の息子と知った復讐のためでした。
大学で教授が言った言葉「これだけ個体が接近して生活する動物は珍しい、人間というのはほ乳類というより虫に近い」を鈴木が思い出す所から始まります。

仕事先で入社動機を怪しまれ、やって来た寺原の息子と刺し違えようかと思い詰めていた矢先に、仇敵が目の前で交通事故に遭います。誰かが押したように見えたため、鈴木はその男を追うのです。
「押し屋」という殺し屋がいるらしい…

その事故をたまたまビルの上から見ていたのは「鯨」というコードネームの「自殺屋」。これは、依頼されて自殺に追い込む殺し屋なのです。
一方、「鯨」に仕事を頼みながら、今度は「鯨」を疑うようになった政治家が、「蝉」という若い殺し屋に鯨の殺害を依頼。
鈴木の追っていった男は一見ごく普通の家に住み、ごく普通の家庭を営んでいました。戸惑いながら接近する鈴木に、一家の主はグラスホッパーの話をします。

息子を殺された寺原の組織は、「押し屋」を探しに出て戻らない鈴木を追います。
巡り廻って~殺し屋同士と鈴木を追う組織が次々に対決するという展開に。
奇妙な巡り合わせがスリリングで面白い。
アクションシーンはスローモーションの映画のような描写になっています。
推理小説ではないけど~犯罪小説という意味で、伊坂幸太郎の作品の中でもミステリ色が強い作品ですね。
社会批判も含んだぴりっとダークな内容ですが、アクション物としてタイトな構成で、一気読み出来ます。

« 十二単の巻き寿し | トップページ | しっぽが2本 »

コメント

まあ、偶然! 今読んでいるところなんですよ。
伊坂幸太郎作品には、いつも驚かされますが、この「グラスホッパー」も、復讐の横取りという発想がおもしろいですね。「自殺屋」って本当にありそうな気がしてコワイです。「押し屋」も都会にはいそう~

marieさん、
え、ほんとにぃ?
marieさんも伊坂幸太郎、お気に入りなんですね!
作品毎に違っていて、工夫があるので、楽しみなんですよね。

自殺屋も、押し屋も…なんか、いそうですよね…
荒唐無稽な展開なんだけど、いそうな所もあるのがまた。
面白く書けてますね!

一気に読み終わりました。
自殺屋の「鯨」も殺し屋の「蝉」も個性的でユニークでしたが、なんと言っても押し屋ではないかという人物がかっこよかったわ~
それにしても、よく考えられて組み立てられた小説でした。終盤で見事にひっくり返してくれましたね。
また、ほかの伊坂作品を読んでみようかなあと思います。

marieさん、
ね、これ、一気だったでしょう?
これだけ楽しませて貰えば満足。
押し屋が雰囲気ありましたね!
殺し屋の話なのに、後味が悪くなく、上手いもんです。好感持てますよね~。
作品リストをチェックしたら~まだまだたくさんありました。
話題になったのは読むつもり!で~す

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「グラスホッパー」:

« 十二単の巻き寿し | トップページ | しっぽが2本 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック