フォト

おすすめ本

« 「血染めのエッグ・コージイ事件」 | トップページ | 「竜の挑戦」 »

「まんまこと」

畠中恵「まんまこと」文藝春秋

2007年4月発行の新シリーズ。「しゃばけ」シリーズのような妖(あやかし)は出て来ないので、もっと広い世代の読者向け?

江戸は神田の名主・高橋家の一人息子・麻之助は、優秀と思われていたのに16の年から急に真面目さを振り捨てて、お気楽な若者に変身してしまいます。さて、そのわけは?
名主というのは、町の相談役のようなもので、大抵のことは大ごとにせずに名主の家の玄関先で解決するものだったそうです。

やはり名主の息子でモテモテの清十郎や、同心見習いの堅物・吉五郎という幼馴染みの若者たちとつるんで、ふらふら遊んでいた麻之助も22歳になりました。
名主の名代として、持ち込まれる事件を受け持たされることになります。
のほほんと頼りなげにしながらも~意外に手際よく大岡裁きで?まとめていくのでした。

年上の幼馴染みのお由有や縁談の相手のお寿ずなど、生きの良い女性も登場。
主人公が病弱でなくて恋模様もありなのが~「しゃばけ」と違う所?
にぎやかさや意外な展開は弱くなりますが、江戸時代の若者が等身大に感じられるかも。
安心して読めるのは同じですね。
起こりがちな問題を角を立てずにこなしていこうとする~庶民の暮らしの知恵のようなものが見受けられます。

« 「血染めのエッグ・コージイ事件」 | トップページ | 「竜の挑戦」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/41434407

この記事へのトラックバック一覧です: 「まんまこと」:

« 「血染めのエッグ・コージイ事件」 | トップページ | 「竜の挑戦」 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック