フォト

おすすめ本

« チェリーと苺のプリン | トップページ | 「骨の島」 »

「チーム・バチスタの栄光」

海堂尊「チーム・バチスタの栄光」宝島社

2005年の第4回このミス小説大賞受賞作。
最近映画化もされてるので、ご存じの方も多いのでは。
阿部ちゃん主演と聞いて最初は桐生医師かと思ってしまった…それじゃ主役じゃないもんね。探偵役の設定はブサイクなのでつい。

バチスタとは平たく言えば~肥大した心臓を切り取って小さくする手術で、発明者の名前が通称となっているんだそうで。
東城大学医学部付属病院では、アメリカ帰りの天才外科医・桐生恭一を中心に、バチスタ手術のためのチームを結成。驚異の成功率を誇っていました。
ところが3例続いての死亡という異常事態に。
たまたまなのか、医療過誤か、悪意によるものか…?
高階病院長は神経内科の万年講師・田口に予備調査を依頼します。

田口公平は、不定愁訴外来という(愚痴外来と噂される)暇な部署で満足している~のんびりした男。
外科は門外漢なので、素人同然に説明を聞いていく事になります。
導入としては上手いが、結局手術中の事なら解明出来ないのでは?まして読者には解決の予想の立てようがないのでは~?
と思いつつ、読み進むと…

後半は、全く違うタイプの探偵役が投入され、事態を混乱させつつ、面白く読ませていくのです。
医療過誤を調査する組織を立ち上げようとしている厚労省の窓際役人・白鳥、才気はあるが性格も見た目も良くないという~こいつがわざと(というか自然に)人を怒らせて真相を暴いていきます。
特殊な才能があるという点ではホームズタイプになるのかな。
事件の解決は、手段はともかく、機会や動機などはだんだんと読者にも推理出来ます。
大学病院という組織内のいかにもありそうな対立や力関係あれこれや天才外科医と名コンビの部下の手術ぶりなど、こういった話に読者が期待する物もしっかり用意されています。
なるほどね~飽きさせずにスイスイ読ませるのがデビュー作にして大ヒットも納得。

映画だと田口の役を女性にして、竹内…う~ん、まあ…理解は出来るけどね。
登場人物を2回尋問して、別な面を見せるというのは映画にもしやすいでしょうね。

« チェリーと苺のプリン | トップページ | 「骨の島」 »

コメント

白鳥が出てくるまで、けっこう重厚な雰囲気なんですが、彼の登場で急に話が動き出して、アレアレこんな話だったのかと。ヘンな人の役は阿部ちゃんが多いですね(笑) 最後の犯人は、そういうのありかなあなんて思いました。そんな理由でだなんて納得できない!
わたしは「医龍2」にはまっていたくらいなので(全巻持ってます!)、お医者さんの話は好きなんです。天才外科医、いい響きですね~

marieさん、
あはは、そうなんですよね~阿部ちゃんたら、変な人まかせろ状態!?
白鳥の登場で、これってコミカルな話だったの?という雰囲気に~。
ユニークなキャラですが、探偵がこいつだけだったら好きじゃないわ…田口含め色々ちゃんと書き分けてるので~

天才外科医、これですよね!
って現実には才能はあまり関係ないと聞きましたけど…(爆)
私はERが好きだったんですが~生死の境の話は何年も続くとしんどいんで。最近また興味出てきたかな。

marieさんも「医龍」のファンだったとは!わたしも結構はまってドラマ見てましたよ。1も2も、ビデオ録って見てました。だから、バチスタ手術のことも、この小説じゃなくてドラマで知ったのでした。というか、ドラマを見ていたから本屋さんで小説に目がいったんです、実は。
マンガの方はまだ連載続いているようですね。マンガの朝田はドラマよりハンサムです(って、ファンだったらごめんなさい~~~)。
この小説が意外な展開だというのは聞いて知っていましたけど、やっぱりヘンなのね~。まぁ、阿部ちゃんが出てるくらいだからなぁ。映画の方は、ノリとしては「トリック」みたいなのかしら。

ERは私も好きでしたよ。でもジョージ・クルーニーが出なくなった頃、見なくなっちゃったのよね。うちでは私より同居人の方が熱心な彼のファンでしたよ(笑)。彼がこの間インタビューで言ってたけど、あの放送枠は、16年間で3作品しかやっていないんですって。長寿番組ばかりってことですね。1作最低5年はやるってことですが、ERは10年くらいやってませんか?だから、最初のシリーズに出ていた人で残っているのはカーターだけだし、それもレギュラーじゃないしねぇ。これだと余計見ないなぁ。
それにしても病院ドラマって、なんだかつい見てしまう魅力があって、WOWOWの「グレーズ・アナトミー」も実は毎週見ていたりします。

しあんさん、
「医龍」はそういえば上手い絵でしたっけ。読んだ事はないけど。
ドラマは初回とか、少し見ました。バチスタでしたよね。医者にしては若すぎるけど、てっぺーくんが可愛かったり。
「チーム・バチスタ」の方を読んでいて、なんか看護師が水○あさみみたいに思えたりして

ジョージ・クルーニー!
私はどうしてもERの印象があるので、出世したなあというか、大人になったなあと役のイメージから見てしまいます。あの頃から良い俳優だとは思ってたんですけどね。グリーン先生だけだとハンサム度が低いから~。
ジョージ・クルーニーの役と結婚した婦長(当時は看護師じゃなかった)やグリーン先生が再婚した役の女優さんは好きだったんですよ~。もうどっちも出てないです。
看護師などのスタッフはずっと出てる人いますけどね。
グリーン先生は死んじゃうし…10年もたてば病院内でもありえなくはないでしょうけど。刑事物の殉職みたいなもんで?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「チーム・バチスタの栄光」:

« チェリーと苺のプリン | トップページ | 「骨の島」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック