フォト

おすすめ本

« 弥生まんじゅう | トップページ | 冬を越したシクラメン »

「終決者たち」

マイクル・コナリー「終決者たち」講談社文庫

ボッシュ・シリーズも11作目ですよ~。
2007年9月発行。原著は2005年。講談社文庫は4作目~以前のは扶桑社から出ています。

3年間私立探偵をやっていたハリー・ボッシュだが、ロス市警に復帰。
迷宮入りの事件を再検討する未解決事件斑に配属され、かっての相棒キズミン・ライダーと組むことになります。
頼りになる黒人女性のキズは、ボッシュの復職に力を尽くしてくれたのでした。
チームプレーの大切さを再認識して大人になったボッシュ、かっての暴走ぶりは影を潜め、ストレートな警察官物になっています。
腐敗を一掃しようとする時代の流れにも乗っていて、アメリカでは大好評だったというのも、うなずけます。
娼婦の息子でベトナム帰り、組織に馴染まない、いぜんの独特な陰影がほとんどなくなったけど~確かに私立探偵はやりにくそうだったんで、一匹狼のようでも根っから警官だったんですね。

終決者とは、事件の捜査をクローズさせる人という意味ですね。
他のタイトルと間違えなくて良いかも。( この前の3作は「夜より暗き闇」「暗く聖なる夜」「天使と罪の街」というハードボイルドっぽい長いタイトルで区別がつきにくいのよ)
新たなDNA鑑定の証拠を手に、17年前の少女殺人事件を再捜査するボッシュとキズ。
少女の母は娘の部屋を当時そのままに、父は行方知れずでホームレスらしいという家庭崩壊した状況にあり、事件の痛みはまだ長く続いていた…いつものように目線を低く、今は子を持つ親としても共感を保ちながら、捜査するボッシュ。
当時の警察の捜査が不十分だったことを突き止め、警察内部の反発を食らいながらも、猟犬のごとき本能を発揮します。
まっすぐに事件解決へ向かうボッシュはやはりいいですね!

« 弥生まんじゅう | トップページ | 冬を越したシクラメン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「終決者たち」:

« 弥生まんじゅう | トップページ | 冬を越したシクラメン »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック