フォト

おすすめ本

« うちの雛祭り | トップページ | 2色の桜餅 »

謎の日本人形

雛祭りの十二単で思い出した日本人形。
いぜんVfsh5016 ロンドン在住の友人に、面白いからと貰ったものです。
日本の衣装を着た?お人形。
気合いの入ったシリーズの第一弾みたいなんですけど~
Vfsh5021このような懇切な解説もついておるのです。kimonoはいいとして…
obiの締め方へんだし~袖は筒袖。
打ち合わせを縫いつけてあるワンピース風の筒型ドレスに金の細いブレードでラインがつけてあるんだな~。
Vfsh5020そして…KARAGINUMOとは?!?
(こりゃ、おはしょりのイメージか?)
……百歩譲って…
裳は、着物の上から腰に巻く物だとしても~こういう着物にはつけないし、karaginu is other thing.
「唐衣裳karaginu-mo」とは、唐衣と裳の両方をつける正装を意味する(平安時代の)言葉なのです。つまり、いわゆる「十二単 (12-hitoe)」~公式の席での格好formal stileです。
フツーこんな事、日本人でも知る必要ないけど…
これ作った人、熱意は買うけど、独学のしすぎですね…weep

私は服飾史が趣味なんですけど~
衝撃を受けて思わず、調べ直しましたっけ。
…考えてみると、着物に興味を持ったきっかけの一つだったのかも?
Vfsh5024サイズの近いリカちゃんと並べてみました~。
リカちゃんの着物も縫い方は本式ではないけど~見た目はとりあえず、ほっとします。
あ、帯締めがちょっと似ている?coldsweats01

« うちの雛祭り | トップページ | 2色の桜餅 »

お人形」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

ははは、笑えますね~。
きっと色々な本を見て勉強したのでしょうね作者。
時代考証も、男女の違いも怪しいような、しかも近隣の国のも混ざっちゃってんじゃないのかという感じですね。
少しは日本人に確認を取ってから本して欲しいものですがねぇ。

そういえばこの間アメリカで参加したお人形のパーティでは、テカテカのターコイズブルーのサテンのガウン?(寝巻きの上に羽織るやつ)みたいなのを(たぶん本人着物として着ているんだろうと思う)わけのわからない旅館風の結び方の帯で締めている人が同じ卓でいました。
チキンの日本人なので、あまりにも堂々とそんな珍ドン着物着られると、注意できず目を逸らすばかりでした。
救いなのは同行の日本人がちゃんと着物を着こなしていたのですが、誰も違いを聞いてこねえヨ~orz
って感じです。
何故外人はああも堂々と、自己流を貫けるのか不思議ですよ。

Melusineさん、
そうなんですよ~すごいインパクトでしょ。
平安時代の説明の文章をどっか読みかじったんでしょうねえ。
色も妙だし~金の縁取りって、モンゴルかチャイナ?って感じだし。

>テカテカのターコイズブルーのサテンのガウン?(寝巻きの上に羽織るやつ)みたいなのを(たぶん本人着物として着ているんだろうと思う)わけのわからない旅館風の結び方の帯で締めている人が
おおお~それは凄いインパクト!
勝手にキモノ気分?なんですね。
同行の方、海外でちゃんと着物ですか~それは素晴らしい!……で、でも、違いがわかんないのかな~??coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/40363292

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の日本人形:

« うちの雛祭り | トップページ | 2色の桜餅 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック