フォト

おすすめ本

« 紅梅・白梅 | トップページ | 小さくて美味しいクッキー »

春先の風邪

春先は冬よりも風邪をひきやすいとか。
月曜日に親が風邪をひき、何かと用事が増えてばたばたしていたら~木曜から私も風邪をひいてしまいました。
夕方いきなり喉が痛くなって、はっ、ヤバイと思ったんですけど、晩ご飯を作らないわけにもいかず~
生姜湯を飲み、のど飴を舐めつつ、支度。
夕食後に横になったら、もう起きあがれませんでした。
布団乾燥機ごとベッドに入り、1時間ほど悪寒をなだめ、その後予約録画しておいた「鹿男」が始まったので、音だけ聞いてました。
顔を洗う事も着替えることも出来ず、12時間以上。
カイロでぽかぽかにしていたので体温は上がったでしょうけど、たぶん高熱が出たとは思えない~体温を測る事すら出来なかったです。
身動き出来ないので、ヨガらしい事もほとんど出来ず。
寝返りを打つ時に意識的に伸ばす所が変わるように姿勢を変えて呼吸しただけ。
顔を洗う事も出来なくなるんじゃあ~細々とやっていた色んな事が空しく感じられ、どっか頑張りすぎたのねと反省しきり。
自分にとって大事な外出がパー。申告も出来ず(これは郵送で大丈夫そうですが)

翌朝も頭がガンガンして…
これは今の風邪の特徴かしら?
翌日の夜になってようやく少し身体をほぐす事が出来ました。
短い間なら動けるようになったけど、喉の不快感と全身の軽い痛みはとれていません。
咳は水仕事をしなければ出ないんですけど…なかなか。
(前の二つの記事は寝込む前に、公開日時を指定して用意してあった物です)

« 紅梅・白梅 | トップページ | 小さくて美味しいクッキー »

コメント

難しいとは思いますが、できるだけ休んでくださいね。
お大事に。

いやぁ、実はわたしも昨日一日、死体同然の状態でしたの。珍しく熱を出してしまって。
わたし、もともと風邪を引いても熱のでない体質なんですよ。その代わり、引くと長い。漢方の体質分けだと、そういうのあるらしいです。熱が身体にこもって出てこない体質。そのために治りが遅いということで、風邪引いてもいつもこれなんです。今までに38度を超える熱出したのって、1度しか記憶にない。
それが昨日2度目の38越えとなったわけで。ほんとに10何年ぶりに熱出しました。
10何年どころか、20年以上熱なんて出してないんじゃないかな。もしかして30年経つか。
金曜の夜からおかしくなって、夜中に熱を測ったら38度7分。とりあえず解熱剤を飲んで寝たのですが、全然下がらない。39度と38度5分のあいだをいったりきたり。結局解熱剤を4回飲んで、やっと熱が下がりました。今は37度5分ぐらい。ここまで下がるのに丸一日かかりました。1日でなんとかなったのは、吐き気はなかったので、薬飲む前に何か食べてから飲んで、ひたすら寝たのがよかったかも。やれやれ、しんどかったですわ。

わたしの周囲でも風邪引いてる人多いです。
ひきはじめになんとか押さえられればいいんですけど、この頃は薬を飲んでもダメみたい~
わたしも、しあんさんと同じく熱が体の中にこもるタイプで、いつも背骨のあたりに熱を感じるんです。でも、体温が上がらないからつらさが他人に分かってもらえず悲しい~ 
sanaさんだいじょうぶかしら? ゆっくり治してくださいね。

櫻子さん、
ありがとうございます~。
櫻子さんも時々急に具合悪そうなので、はらはらして見守ってますよ。私の基準より早く治るから、若い人に無理しないように言うのも野暮かなあ?と控えてますが…
昨日はベッドで、お送りいただいたエルアルコンのメイキングを見ました。細切れでなくゆっくり見たいと思うとなかなか暇がなかったんです。うふふ、楽しかったです。舞台衣装も鮮明で綺麗、今のスタアさんはスタイル良いですね~!

しあんさん、
昨日は死体でしたか。共感…
でも高熱を出した事がないとは、羨ましい…
いや長引くのも嫌だから~風邪も引かないのが一番ですけどね。
私は高熱出すタイプなんですよ。8度5分越えた方がスッキリ抜けるみたい、ただ脱力してしまって体力落ちるけど。
今回はスッキリ抜けてないので、まだ用心しないとダメみたいです~。

marieさん、
え~marieさんも熱出さないタイプなんだ。いらっしゃるんですね。
そうすると、軽い風邪、って思われてしまうかも知れませんね。仕事も休みにくいし。
調子悪いのは同じなのにね。
しばらくへろへろして過ごすつもりです~。

峠は越えたのでしょうか?
治りかけが肝心です。
しっかり養生して下さいね。

ところで、エルアルコンは本体も手に入りそうです。
まだ先のことですが。
手に入れたら、sana様にもお送りしますね~。

marieさん

>体温が上がらないからつらさが他人に分かってもらえず悲しい~ 

そうなんですよねー。高熱が出ないだけで、あとの症状は同じなんですよね、熱の出る人と。でも見た目平気そうなので、同情されない(苦笑)。それに、夕方から夜にかけて、37度ぐらいにはあがるんですよ。だから、結構しんどいの。そんな状態でいつまでもグズグズ治らないのって、ほんとに困る。この体質って、じつは父親譲りなのですが、父なんて、へたすると3ヶ月ぐらい風邪引いてますよ。
私はいつもこんな風邪なので、市販の風邪薬が全然効かないし、葛根湯を飲むべき引き始めの時期がよくわからない。なので、風邪引くと、たいていは「こじれた風邪用」といわれている「柴胡桂枝湯」を飲んでます。これを飲むと、父ほどには長引かずに治るようです。ちなみに、父は同じような風邪の症状なのに、微妙に体質は違うらしく、「柴胡桂枝湯」が全然効かないらしいんですね。それと、今年はならなかったけど、のどの痛い風邪には、銀翹散(ぎんぎょうさん)を飲んでます。私にはすごく効きます。でも、小青龍湯はなぜか効かないんだな。漢方って不思議。

櫻子さん、
ありがとうございます~!
えーと、峠は越えたのかな…??
喉がいがらっぽくて動けないので、じりじりしつつ、出来るだけ寝ています。
親も咳しているので、まだ油断出来ない状態~coldsweats02

しあんさん、
葛根湯はそうそう、引きはじめなんですよね。どっちかというと体力ある人向けだそうで~私には向かないと言われた事があります。
柴胡桂枝湯!それ若い時に毎日飲んでいましたよ。
毎日、こじれた風邪…
ちょっと近かったかも。生きてるだけで風邪をひくという状態だったので。
親戚の紹介で有名な漢方医に診て貰い、処方された薬の一つ、あとは何だったかなあ?
数年後に他の漢方薬局で、「それ老人が飲む薬ですよ」と言われ、やめてしまいました。
体質が変わってきていたからですが、一般的な漢方薬の一覧表で症状を見ると、十分当たっていましたcoldsweats01

風邪の時には近所の漢方医にその時々処方して貰ってた事もありますが、ヨガを始めて2年たった頃に必要なくなった感覚があってやめました。
その頃はお医者さんも風邪を引いても予想より元気だなと驚いた顔されてて。
今はどうなのかなあ……??

小青龍湯?風邪薬に入ってる事ありますよね。材料を知りたくないけどcatface

>しあんさん
そうそう!  
わたしも葛根湯と柴胡桂枝湯を愛用しています。
漢方薬は食間に飲むので、効きが早いように思います。柴胡桂枝湯は、お腹にくる風邪によく効くので助かりますよ。小青龍湯はまだ飲んだことがありません。
このタイプの風邪、熱がパーッと出ない分、治りが遅い気がします。37度でも座薬を入れて熱を下げてみたこともあるんですよ。ほんとはよくないのかな?

しあんさま>
乱入失礼、葛根湯を飲むタイミングは、喉が痛くなってから熱が出るまでの数時間だと思います。家に帰ってからとか言ってるとタイミング逃します。昼休みに薬局に走ってでも、このタイミングで止めるべき…たぶん。あと葛根湯は内服液のほうが利くような気がする、高いけど。年末はこれで助かりました。

このタイミングをを逃したら次は市販の麻黄湯とか(これは体力のある人むけと書いてありました)。先日から喉がごそごそしているので、ツムラの138番桔梗湯でごまかしております。これは市販より耳鼻咽喉科で処方してもらった方が利きます。

茶香さま>おだいじにお過ごしください。

>marieさん、
marieさんも葛根湯と柴胡桂枝湯ですか!
良いのかな~注文しかけましたが、くらくらするのでやめました。治った頃に届きそうだし。

熱はウィルスと戦うために出ているので、無理に下げない方が良いんですよ!体内の治癒力が混乱しますから。
特に8度5分以下だったら。(それぐらい上がったら額は冷やした方が良いとか)
体温が低い人は7度でもキツイらしいですけどねえ…

>由比さん、
ありがとうございます~。
喉が痛くなったら数時間が決め手!ってことでしょうか。

まずうがい、のど飴(花梨エキス入りと龍角散のど飴)、しょうが湯、緑茶(一杯飲んで後はうがい用)、梅干しかな~私だと。
でほかろん貼ってポカリを用意して寝る。

ツムラの138!
それは父が愛用してます。今も使ってますよ~。
緑内障があるので、普通の風邪薬は大抵使えないんです。

いつもならヨガに行くにはギリギリ間に合うんだけど…ちょっと髪洗えなくて。
どうも動くとダメなんだけど、寝ていれば本はふつうに読めるようになってきました。
少~しずつ抜けていきそうです。

>marieさん
7度ぐらいなら、無理矢理下げない方がいいって聞きますね。でも、7度ぐらいって、一番、ぼ~~~っとするのよねぇ・・・私も無理矢理アスピリンで下げたことあるけど、結局翌日の夜にはまた上がるので、あまり意味がないと思ってやめました。

>由比さん
ここではどうもお久しぶり、でしょうかね。
いやね、葛根湯を飲むタイミングがわからないっていうのは、熱が出ない体質なんで、悪寒もないし、どこまでが引き始めなんだかわからない、って意味なんですよ、ははは。
笑ってもらうつもりのところだったんだけど、わかりにくくてすみませぬ。のどは痛くなるときもならないときもあって、痛くなっても、のど痛だけの風邪って時もあるんですよね、これが。んで、慢性鼻炎もあるので、空気が乾燥し始めると鼻が詰まってしまうしで、風邪だかなんだかようわからん、といううちに引いてしまっているのでした。優柔不断でグズグズな体質なんです。

>sanaさん
柴胡桂枝湯は、風邪だけに処方されるものではなくて、どっちかっていうと、胃腸の薬としての方が有名なのかも。

http://www.e-yakusou.com/yakusou/knpo424.htm

柴胡湯の系列は、体力がない人にも使えるもののはずなので、今の状態のsanaさんにはいいかも。
薬局で売っているカネボウのでも結構効きますよ。
クラシエになってから表示が変わったかもしれないけど、カネボウの漢方には同じ名前の薬で「A」と「S」があって、「A」の方がエキス分が多く、値段も少し高いです。でも、効き目は段違いです。

葛根湯!
実は今朝お世話になりました。
ノドの痛みと悪寒があったのです。
貰っていた試供品を飲みました。
この試供品、賞味期限切れの疑いもありましたが
(いつもらったのか記憶にない)藁にもすがる
思いで飲みました。
とりあえず、汗をいっぱいかいて、熱は抜けたようです。
明日は仕事だし、明後日からは豆本だし、寝込んで
いる場合じゃなくて・・・。
とりあえず、36.8℃まで戻りました。ホッ。
平熱が低いので、それでもまだツライですが。
それにしても、飲んでて良かった葛根湯。
皆様、ありがとうございました~。

sana様もどうぞお大事に。
一日も早く抜けられるように、願っております。

>しあんさん、
情報ありがとうございます~。
なるほど、若い時の症状にピッタリです。腎炎持ちだったし、頭か胃か腸のどれかが痛いっていう日々だったので。
今回の風邪はいつもより頭痛や悪寒が強いですね。そのわりに熱が上がらない…
今はこれ、抜けるかなあ、どうかなあ…??

>櫻子さん、
おお、葛根湯!
効きましたか~。
まめ本の展示もいよいよなんですね、同時に仕事が始まるんじゃ忙しいですね~。
お大事にしつつ、がんばって?happy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/40507469

この記事へのトラックバック一覧です: 春先の風邪:

« 紅梅・白梅 | トップページ | 小さくて美味しいクッキー »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック