フォト

おすすめ本

« 「着物をめぐる物語」 | トップページ | 春の中華 »

「ジェイミーの墓標」

ダイアナ・ガバルドン「ジェイミーの墓標」(ヴィレッジブックス)ソニー・マガジンズ

ロマンティック・アドヴェンチャー大作「アウトランダー」シリーズの2作目。
1作目はブログを始めて間もない頃に紹介したんですが、それっきりになってたんですね。再読してみました。
第二次大戦終結直後、スコットランドを夫と旅行中に、ストーンサークルからタイムスリップしたクレアが、18世紀の若者ジェイミーと愛し合う波乱の物語です。
ジャンル的にはファンタジーですかね…歴史物の醍醐味があります。
作者は長年大学で教えた人で、細部までよく書き込んであり、臨場感たっぷり。

200年前、イングランドはカトリックの王を追放し、娘夫婦メアリとウィリアムのハノーヴァー王朝になっている時代。
スコットランドはカトリックの王を戴いて、反乱を起こそうと動きます。
クレアとジェイミーはスコットランドを出てパリで暮らし、悲惨な敗戦になるとわかっている戦闘に巻き込まれるのを食い止めようとするが?!
運命は…
現代に戻って娘を育てたクレアの回想という衝撃の展開!?まだまだ続くシリーズです。

↓以下、ややネタばれになりますので、これからすぐ読もうとしている方はご注意!

貿易商の叔父の元で暮らすクレアとジェイミーは、宿敵が生きていた事を知り、動揺します。
クレアは宮廷に出入りしつつ、治療師としても活躍。
ルイ15世の宮廷やワインの輸入商売、怪しげな薬草医など、歴史物の面白さと、スリルに満ちた恋愛描写がたっぷり味わえます。
ジャコバイトの乱が起きるのを防ごうと動いて、いったんはハイランドに戻って平和に暮らしますが、事態は急転!

反乱軍に加わるしかなくなったジェイミー達の軍勢は、戦争の実際を知らない指揮官ボニー・プリンス・チャーリーに振り回されます。
イングランド軍に追いつめられた時にイングランド女性の捕虜を装い、ジェイミー達を逃がすクレア。
預けられた先は何とどっちの味方かわからない曲者・サンドリンガム侯爵の館。パリで親しくなったメアリとアレックスとの思いがけない再会…
現代の夫の先祖にあたる一族と関わることで、歴史を改変してしまうのかと悩むことになります。
クレアが現代に戻されるいきさつ、全てを話した理由とは!?怒濤の展開です。

「アウトランダー」シリーズは本国では6作出ている模様。
こちらでは文庫で各3冊ずつ~邦訳タイトルでは「時の旅人クレア」「ジェイミーの墓標」「時の彼方の再会」「妖精の丘にふたたび」と続いているようです。
雰囲気はゴロン夫妻の「アンジェリク」が一番近いかな~。
面白いです!

« 「着物をめぐる物語」 | トップページ | 春の中華 »

コメント

 あ…これ! 2冊目が出た頃からずっと気にはなっていたのですが、表紙が何となくハーレクインロマンス風だったので、内容的にというか歴史小説的にはどの程度本格派なんだろう?と迷って、手を出さずにいたのです(歴史ハーレクインの中には時代考証的にお粗末なものがときどきあるので)。

 茶香さんのお墨つきがあれば安心ですね。暇ができたら手にとってみようと思います。

このシリーズ、たしか「時の彼方…」まで読みました。ここらあたりになると、なんだかジェイミーくんも大人びてきてあんまり好みじゃなくなりました(笑)
やっぱり、不器用な年下の若い男の子に、堂々とまっすぐに愛されるというパターンがいいですね~~

>由比さん、
そうですね~熱愛ロマンスものには違いないんですが。
歴史的な部分もしっかり詳しいですよ!
時代背景がドラマとして有効に生かされてます。
デイヴィッド・リスの「紙の迷宮」とか時代が近いんだけど、あっちはなんて地味なんだろうと…
「パイレーツ・オブ・カリビアン」とも時代は近かったりしますがhappy02

>marieさん、
ジェイミーの若い頃がお好みですか?
若々しく、ハンサムで、性格は真っ直ぐで、包容力もあり、熱愛してくれて、夢のような恋人ですよね…ほっほっほcatface

どこまで読んだのか解らなくなってきて、再読してます。
こんなスゴイ話を忘れるわけがないと思うけど、波瀾万丈すぎて案外あらすじ忘れてるんです。細部を幾つか覚えていて、読んだのは確かなのにcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/40706312

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジェイミーの墓標」:

« 「着物をめぐる物語」 | トップページ | 春の中華 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック