フォト

おすすめ本

« 「幼き子らよ、我がもとへ」 | トップページ | 買ってきたパンでランチ »

「うそうそ」

畠中恵「うそうそ」新潮社

しゃばけシリーズ5作目。
江戸が舞台で妖怪が絡む、のほほんと楽しいミステリ風味のファンタジー。いやファンタジー風の時代ミステリ?人情物というには若向き~。
長編一本というのはこれが最初かな?

若だんなが箱根へ湯治に。
江戸の大店・長崎屋の息子、一太郎はいわくつきの生まれで病みつきがち。実は祖母が妖怪で、その血をひいているのです。
湯治は健康になるためとはいえ、病弱な身体に旅行はかなりの一大事でしょう。
それが頼りになる手代の兄さん達にすぐはぐれてしまい、箱根の天狗には襲われ、地元の人には災厄を運んできたと誤解され~とんでもない展開に…

人身御供にされて妖(あやかし)となったお比女ちゃんの哀しみと何をすることも出来ない悩みを一太郎は理解し…
江戸を離れた長編で、いつもの和やかさとはちょっと違いますが、なかなか面白かったです。
要所々々で鳴家(やなり)が可愛いのがツボ。

昨年、初のテレビ化がなかなか配役が良くて、上手く出来ていました。
ジャニ系も人材豊富なこと~カツラを乗せたらちょうどピッタリなのが良くいたもんだわ。
読んでいて、仁吉や佐助の顔がちらちらしますねえ(^^)

« 「幼き子らよ、我がもとへ」 | トップページ | 買ってきたパンでランチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/17770780

この記事へのトラックバック一覧です: 「うそうそ」:

« 「幼き子らよ、我がもとへ」 | トップページ | 買ってきたパンでランチ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック