フォト

おすすめ本

« 「吉原手引草」 | トップページ | 「うそうそ」 »

「幼き子らよ、我がもとへ」

ピーター・トレメイン「幼き子らよ、我がもとへ」東京創元社

アイルランドの修道女フィデルマをヒロインにした歴史ミステリ。
うら若い美女ですが、高位の資格を持つ裁判官でもあり、支配権の絡む地方の争いを調べに、事件の起きた名門の修道院へと赴きます。
荒涼とした土地の描写に歴史物らしいムードがあり、危機感迫ります~貴重な本が集められた修道院に危険の匂いがぷんぷんするのは「薔薇の名前」的?

2冊目の翻訳ですが順序通りではない模様。(この前のが4冊目で、これが3冊目?)
7世紀とは古すぎて~知らない時代ですが、これがなかなか面白い。
当時のアイルランドは意外にすぐれものの法律が整備されていたんですね!

とはいえ、若い女性と見て侮る悪党共は数知れず。
フィデルマが王の妹(この作品の途中で王になります)と知って、しぶしぶ敬意を示すあたりは水戸黄門的?
修道士カドフェルがお好きなら、ぜひご一読。気の強い若いヒロインが活躍するのが好きな方にも。この尼さん、馬も乗りこなすし、護身術も使えるんですよ。
真っ直ぐな若さがみずみずしいけれど、いささか性急な行動をとってしまう展開は、頭が良く身分の高い恵まれた女性が、これから荒波に揉まれて成長していく含みを持たせたものでしょう。
それにしても初登場した作品もローマが舞台という変わった設定なので、読んでみたいですねえ。

« 「吉原手引草」 | トップページ | 「うそうそ」 »

コメント

人物や動機を含むトリックは類型的かなあという気もするのですが、このシリーズは薀蓄と雰囲気が楽しいですね。続きもさくさく翻訳されないかなあと思います。

Kさん、
そういえば、そうですかねえ…
犯人のことはころっと忘れてました!?
荒涼とした風景や修道院の建物へ入っていく感じの印象が強くて~。
続き!
待つ身には長~く待たされることもありますからねえ。
さくさく翻訳して欲しいものです!(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「幼き子らよ、我がもとへ」:

« 「吉原手引草」 | トップページ | 「うそうそ」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック