フォト

おすすめ本

« 雪が降っています | トップページ | 花びら餅とうぐいす餅 »

「春期限定いちごタルト事件」

米澤穂信「春季限定いちごタルト事件」創元推理文庫

高校生2人組が探偵役の短編集。
これもまだ12月に読んだ本なんですよ…ぜーはー(^^;

本性を隠して小市民として生きようとする高校生、小鳩常悟朗と小山内ゆき。
恋人でもなければ依存しているのでもない、何かあれば協力しようと約束している関係。
実は頭が良くて探偵好き、生意気な性格で中学時代に目立ちすぎたのを苦にして、2人で普通の高校生を目指していたのだが~

イジメも多い現代、小市民として生きようとするという発想はわからないこともないですね。私が子供の頃はこの10数年ほどのようには問題になっていなかったけれど、むろん全然なかったわけではない…目立つと嫌われる、というのは感じていた覚えがありますよ。
大人になるとまた…余計にそうかもしれません!?ニュアンスは違うし、逃げ場は増えるけどね。

小さな謎を追究するのがなかなか面白く、甘いもの好きな小山内さんとのお店巡りも楽しい。
本性が狐と狼というのもなんだが…
この時点では可愛い方が勝ってます。

« 雪が降っています | トップページ | 花びら餅とうぐいす餅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/17774507

この記事へのトラックバック一覧です: 「春期限定いちごタルト事件」:

« 雪が降っています | トップページ | 花びら餅とうぐいす餅 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック