フォト

おすすめ本

« 十菜のお膳 | トップページ | お祝いの花 »

大人のモンブラン

和栗のモンブランと並んで、仏栗のモンブランというのがあって、こちらにしました。
薄黄色の和栗も美味しそうでしたけど~渋皮を使ったというところに惹かれて。
Vfsh4432ケーキ部分はビスケット大の丸い台だけ。
ピンポンサイズの真っ白な生クリーム、外側はたっぷりの茶色のマロンペースト(モンブランと書きそうになりましたが、これをモンブランというわけじゃないよね…)
これが美味しいの。
ブランデーとカラメルの香りがする大人の味でした。
モンブランって白い山という意味の山の名前ですよね…つまりフランスの白山!?

« 十菜のお膳 | トップページ | お祝いの花 »

コメント

この間、クイズ番組で日本で最初につくられたものがこの中に2つあります、さてどれでしょう?というので、オムライス、ポテトサラダ、モンブラン、クリームシチューというのがあって(あと一つくらい選択肢はあったかもしれない)、モンブランは有名なアンジェリーナのモンブランがあったので、これは絶対違う、私はパリでも食べたもんね!と自信満々だったら、なんとモンブランが答えの一つだったのでびっくり。でググッってみましたら、アンジェリーナと自由が丘の2説があるとか。自由が丘の方はスイスに行ったときモンブランを観てそれを表現したとか。あの白い粉こなは雪を表すそうで。でも、スイスのどこかでモンブランを食べて、そのイメージで作ったという話しもあるらしいです。個人的には、最初はフランスだと思います。だいたいモンブランという山は山並になっているので、初めてあの山をみた人がああいう富士山の形をイメージしないような気がします。マッターホルンというのならわかるけど。アンジェリーナ風のお菓子を食べて日本で再現しましたというと、いかにもなるほどと思う日本のモンブラン。私はあの懐かしい、下がモフモフしたモンブランも好きです。あ~そんなことを書いていたり、この写真を見ていたら、無性にモンブランが食べたくなってきました。

しげさん、
モンブランは秋の季語って感じで(^^)
へえぇ~日本発祥説もあったんですか。
日本の典型的な物がフランスとは違う、というのだったら、ありそうですよね。
苺のショートケーキの感覚が違うみたいに。
オムライス、クリームシチュー?どれもアヤシイ~(^^;

アンジェリーナのモンブラン…お、美味しそうですねえ…ごっくん(^^)

あ、マッターホルン!
モンブランと書きながら思い浮かべていたのはそれのような気が…(^^;

>アンジェリーナのモンブラン…お、美味しそうですねえ…ごっくん(^^)

「アンジェリーナ」のモンブラン、デカイです、甘いです。
覚悟して食べて下さい(笑)
もっとも、日本の「アンジェリーナ」にはミニサイズ(といっても、日本のケーキの普通サイズ)もありますけど。

しげさん、ここではお久しぶりです。
モンブランて、どんな山だろうと思ってwikiを見ると、西ヨーロッパ最高峰とはあるけど、確かにマッターホルンみたいにびょーんと一つ抜き出た山があるようには見えないですね。
これではしげさんの言うように、昔から有るあのうずたかく盛り上げられたペーストは思いつかないだろうと思います。
そういえば、アンジェリーナのは日本の昔から有るモンブランみたいに盛り上がってなかったような気がするわ。
それにしても、モンブラン、山頂がどっちの領土なのかフランス・イタリア両国がずっとケンカしてるっていうのも(笑)

>昔のモンブラン
最近はどこでもマロンペーストで、しかも和栗が流行ですけど、昔はモンブランというとサツマイモの黄色いソバがのってたよね!
中もメレンゲと生クリームなんかじゃなくて、スポンジとバタークリームだった。
そんなわけで私は昔、モンブランが嫌いでした。
何しろバタークリームが苦手な子供だったので。
昔のバタークリーム、あれはきっとバターではなかったに違いない。
ショートニングとかいろいろ入っていて、もったり重くて、しかも、売れ残りで劣化してヤなニオイと味がするの。
食べると必ず胸焼けしてました。
最近のちゃんとしたお菓子屋さんのバタークリームはとても美味しいものが多くて、隔世の感があります。

アンジェリーナのモンブランは黒船だったと思います。それまで土台がスポンジだったのが、メレンゲになってた、というところが日本人にはドッカ~ン。それ以降フランスで修行してきた職人は「メレンゲにしてもいいんだあ~」とメレンゲ台が増えてきたように思います。

しあんさん、こんにちは。お久しぶりです。
>「アンジェリーナ」のモンブラン、デカイです、甘いです。
わたくしのベロがビョーキなのか、この頃アンジェリーナのモンブランは「オニ甘い」と思わなくなったんですよ。昔は食べるのにひーひー言ったんだけど。
でも、普通の人は今でも「甘い~!」と叫んでいらっしゃるので、茶香さんも召し上がる時は覚悟してくださいませ。

アンジェリーナのモンブランは初めてあの銀座のカフェで食べたとき、確かに何か今までとは違うケーキ!と、とても印象的だった覚えがあります。たぶん私はそれまで、チョコケーキとかチーズケーキ以外は、まだやっぱりケーキはスポンジケーキの上に何かのっかったものという認識だったんだと思います。ですが、スポンジケーキ土台ではないこってりした超甘のケーキが美味いと開眼したきっかけだったかも。で、カフェオレボールに入ったカフェオレも新鮮だった・・・。フランス菓子と苦いコーヒーは、お抹茶と超甘の和菓子の取り合わせと相通じるような気がします。
日本の昔のモンブラン
確かにバタークリームは私も美味しいと思っていたわけではないのですが(だからクリスマスはアイスケーキでした。)、あの黄色いそばと栗が好きだったのよ。

> おクチ様
お久しぶりです。そうそう、アンジェリーナ、最近はそんなに甘くないっていうの聞いたけど、甘くなくなってから食べてないんですよね。日本風にアレンジされたってことでしょうか。なんか、季節のモンブランとかいって、毎月いろんな種類のモンブラン出してるらしいし。実際にはどこが作ってるのかしら。

>しげさん
やっぱり昔のバタークリームは美味しくなかったよねー・・・そう、だから私は上のソバだけ食べて怒られてた。あのソバは私も好きだったのよ。栗の甘露煮も好きだったし。

>しあんさん、
昔のモンブランは、さつまいもの蕎麦!
た、確かに~今も混じっているのもありますよね?
真ん中に栗がのってて。
…のってるのとないのと両方あった気もする…
コージーコーナーのは今も、乗ってる方の古典的なタイプかな。

昔はバタークリームだったのかぁ…
それかなあ、子供の頃は別に好きじゃなかったんですよ!
どっちかというと、父の好物でした。和菓子好きで胃もじょうぶな人向き?きんとんも好物だしね。

>クチ様
アンジェリーナのがメレンゲ台なんですか!
最近のモンブランとか、洒落たケーキにはメレンゲ有りですよね。昔はなかった…
甘いほうなんですね~~~体脂肪率が下がってる時に挑戦したいですわ(@@;

>しげさん、
メレンゲ台が衝撃だったんですね!
そうか、こってり甘いんですか…
苦いコーヒーが良いのかしら。カフェオレが良いのかしら…迷ったりして(^^)
クリスマスケーキ、アイスケーキは憧れでした!2回食べましたが、2年目は兄がもう甘い物をそれほど欲しがらなくなったので、持てましたなあ(^^;

>しあんさん(2度目)
雷がすごかったんで切ってた間に、お話弾んでたんですね~(^^)
季節のモンブラン?
しょええ~危険な誘惑!?(@@;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人のモンブラン:

« 十菜のお膳 | トップページ | お祝いの花 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック