フォト

おすすめ本

« 「イラクサ」 | トップページ | スケート・カナダ »

スケート・アメリカ

ISUグランプリ・シリーズの初戦アメリカ大会が先日ありました。
数日かかって録画を見終わり、昨日今日とスケート・カナダをやっているので~印象が混ざり始めて困ります(^^;
とりあえず、簡単にメモしておきます。

アメリカで優勝は高橋くん!
SPが良い出来で、成長ぶりを見せつけ、フリーはミスもあったのですが、それを引きずることなく要素をしっかりこなし、逃げ切りました。
恋するロミオはピッタリですね。
2位がアメリカのライザチェク。勢いはあったけど…
まだシーズン初めなので、こちらも見る目が出来ていなくて、細かい所は把握出来ません(^^;

女子はアメリカのキミー・マイズナーが優勝。
SPはエキゾチック~水色の衣装で、マグダラのマリアのイメージでしょうか。フリーは赤い衣装でトゥーランドット。
動きが柔らかくなり、ぐっとムードが出てきました。真面目な高校生から、娘盛りへと花開いたようで、一番変化が著しかったですね。
何だか日本選手の良い所を研究している節があるのが不思議なような当然のような~スタッフの意図なのかも知れませんが。

みきちゃんの新プログラムもなかなか素敵。
ドラマチックな曲に綺麗な衣装で、スタイルも引き立ちます。SPの衣装は特に似合っていましたけど、首の飾りが重くはないのかしら。
SPのステップで転倒という意外なミス~苦笑してましたね。
カルメンの振り付けは良いんだけど、表情がまだカルメンじゃないですね。SPがサムソンとデリラ、フリーがカルメンというのは、どっちも妖艶な女性なので、もう少し演出意図に変化がはっきりあっても良いのかな…と少々、老婆心。

今年3月の世界選手権優勝のみきちゃん19歳と、前年の優勝者マイズナー18歳、世界ジュニア優勝のキャロライン・ジャン14歳と、3強激突で見応えがありました。
ジャンはまだ小さいけど柔軟性に富み、既に子供という感じではないですね~舞台度胸もあって先が楽しみ。

お姉ちゃんの舞ちゃんも綺麗な衣装を着せて貰っていて、優雅な滑りに合っていて良かった~。
特にSPのジュリエット風のが似合っていたと思います。
総じて、女子の衣装はレベルが上がって、見易い。
アメリカのエミリー・ヒューズはSPの赤いドレスと元気な曲が似合っていました。
国の政情不安で去年は欠場のグルジアのゲデバニシビリも女っぽく成長した姿を見せました。インド系っぽい顔立ちに見えますね。

しかし、シングルしか放映しないのね…あ、スポーツニュースか何か追わなければいけないのか?それでも少ししかやらないよね、きっと…ひえぇ。
日曜午後4時からの枠があったので、他のを少しやるかと期待したら、再放送の焼き直し!な~んだ…

« 「イラクサ」 | トップページ | スケート・カナダ »

コメント

高橋君は本当にスケートで滑ることと踊れることが両立してて、貫禄がついてきましたね。この調子で頑張れ。

安藤さんの衣装、どちらもゴージャスでよかったですね。シーズン序盤なので今回の出来はおいておいて、滑り込んで完成度が増したらとても見栄えのするプログラムになりそうで楽しみです。

マイスナーは衣装がいまいちでしたが、しゃきしゃきしたところとスケートがよく滑ってる感じなのがやはりいいなと思いました。シニアになってからクワンの後追いのようなオリエンタル妖艶な印象のプログラムが多いですが(トゥーランドットはトリノの荒川さんのに編集が似てましたが)、爽快感があるプログラムの方が似合いそうなんだけどなあ。

キャロライン・ジャンはスピンをはじめ柔軟系の技がすばらしく技術的にも見せる演技としても力はあるのでしょうが、ジャンプの完成度も怪しいし、全体にまだ子供の印象なのでシニアに上がるの早すぎじゃないかなあ...負けん気の強さは面白そうですが。

舞ちゃんはSPはよかったですね~。何をしてもエレガントな感じで、ジャンプの不安定さが本当にもったいない!

女子はジャンプの回転不足の判定が厳しめでしたね。
その割りに、男子のライサチェクのあやしいジャンプが認定されてるので、その匙加減がどうなるかも気になるところです。

Kさん、
高橋君、ほんとに~技の力強さと踊りの魅力が相まっていて、他が退屈に見えそうな勢いでした。
ミキちゃんもこれから完成度が高まっていくのが楽しみですね!

マイスナーはクワンを意識してるのか~まずイメチェンの途中じゃないかしら?
トゥーランドットでやる必然性が感じられないというか~曲と衣装と本人のイメージがあまり関係ないような。
一番似合うのをバンクーバーまでに見つけることになるのかな…

ジャンは、最初はまるっきり子供だと感じましたが、既に見慣れてきました~。気が強そうだからかな。
スピンがすごくて、別な生き物のよう。
確かにもう一年、ジュニアでも良いですね!
中国大会でも出ますよ…
村主さんと一緒に!?(@@;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スケート・アメリカ:

« 「イラクサ」 | トップページ | スケート・カナダ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック