フォト

おすすめ本

« 「うちエコ入門」 | トップページ | 「林檎の木の下で」 »

「飛鳥とは何か」

梅原猛「飛鳥とは何か」集英社

もともと哲学者ですが、既に長年、古代史研究に波紋を巻き起こしている梅原さん。
何といっても聖徳太子怨霊説の「隠された十字架」が非常に面白かったので、コミックの「日出処天子」もあの刺激で生まれたという時代がありました。

これは梅原猛著作集の中の一冊。最近の興味からハードカバーを図書館で借りて読みましたが、文庫でも出ているんですね。専門的でずっしり重い読み応え。猛烈に面白いので、いずれ買うと思います。

飛鳥や斑鳩の土地の意味に思わず納得~うならされました。
古代朝廷は死のけがれをいとう気持ちからか、代替わりするたびに宮殿を点々と移動しているのですね。飛鳥を出たり入ったりという状況~天皇の力が弱い場合に飛鳥の狭い地域に戻る傾向があるという指摘でした。
元々の土地勘がなさ過ぎるので、新しい知識ばかりで興味津々。定説とどれぐらい違うのか、わかりませんが…

梅原説のすべてに同感というわけではないけれど、紀皇女と弓削皇子のあたり、説得力あります。
弓削皇子は晩年の額田王と歌のやり取りをしているために私としては気になる存在。額田王の孫にあたる葛野王と一緒に日本書紀にも登場しています。どちらも持統女帝の時代に傍系になってしまった皇子なんですね(葛野王のほうが早くに生き方を見極めたようなんですが)
万葉集は日陰の存在や悲劇の人の歌を取り上げていることが多いので(歌の役割として鎮魂の意味もあったように思います)、確かに~弓削皇子もたまたま出ているだけではなさそう。
弓削皇子が高松塚古墳の主なのではという説です。

[追記]弓削皇子は天武の大勢の子供のうちの一人。
母は天智の娘の一人で、つまりは持統の異母妹ですから、かなり血統が良い方です。ということはちょっと邪魔な存在になりかねない。祖母は持統には劣りますが。
持統の一人息子・草壁皇子が皇位につく前に早世したため、持統は孫(後の文武)に位を譲るまで頑張ることになります。

そして、紀皇女は弓削皇子が恋歌を送った相手。
紀皇女のことは知りませんでしたが、残された歌の意味深なこと…
実は文武天皇の后だったのではないかという説です。
当時、皇后には皇族を立てるのがしきたりだったと思われるのに、文武には皇后がないまま。皇女は数少ないので、紀皇女しか相当しうる人物がいないんですね。
一度は妃になったのに、皇后になるのを阻止されたとか…藤原家が宮子を強引に天皇の妃に送り込んだ犠牲になったのかも??
他の妃が地位を格下げされるという妙な事件も起こっているし…読めば読むほどあやしい気配が~興味が尽きません(^^)

« 「うちエコ入門」 | トップページ | 「林檎の木の下で」 »

コメント

わたしが読んだのは文庫のほうだったと思います。(もしかしたら、別の本かも?)弓削皇子と紀皇女の話は面白かったです! 藤原氏が当時そこまで権力をもっていたかは分かりませんが、のちに長屋王を無実の罪で殺しちゃったりしてますもんね。この辺、邪魔者は消してきた持統女帝さまと性格似てる~ 不比等と持統と「おぬしも悪よのお~」とやってたりして!
大学のとき研究室の旅行で飛鳥を訪れたとき、あまりの狭さにビックリ! 教授サマが「古代の日本はこの大きさだったんだねえ」とのたまわったことを覚えています。

marieさん、
やっぱり飛鳥って狭いんですか…
憧れの地なのに~(^^;
昔は人口も少なかったし、奥の狭い地域だからこそ安心出来る故郷だったのでしょうか。

不比等と持統のコンビはなかなか凄そうですよね。
「おぬしも…」って感じ?(@@;
天武と持統の考えにも温度差があったように、強力タッグを組みつつ、妃についても違いがあったのでは…と。
自分の直系を守るということで結びついていたのかしら~。

弓削皇子については「黄泉の王」というタイトルになっています。
幾つかのテーマにわたっている本なので、文庫だと分け方が違うかも知れません~?

弓削王子といえば、山岸さんの「馬屋古女王」しか思い出さない歴史音痴です(^^;)
でも、この弓削と、こちらの本で書かれている弓削は同一人物じゃないのよね?(時代が違うし、皇子じゃないし)
山岸さんが「隠された十字架」にインスパイアされて「日出処天子」を描いたというのは、ご本人が文庫収録の梅原さんとの対談で語っておられますな。そのままでは描けないからあの形になった、と。
私は梅原さんの著作は「隠された十字架」しか読んでいないのですが、どうやら梅原さんは藤原不比等の力というのをこれまでの歴史解釈では過小評価している、というのが持論なんですね。
わたしも日本書紀の解釈のあたりなどとても興味深く読みました。
実際、最近の研究では、日本書紀に対する解釈にずいぶん新説が出てきているようです。
前にNHKでやっていた番組では、日本人と渡来人の複数の著者が分けて書いていて(日本人が書いたと思われる部分に明らかな文法上の誤りがある)、しかも、後に改ざんされたとしか思われない箇所もある、とのことでした。
そういえば昨日、テレビで聖徳太子の番組やってましたね。
解説役の堺屋さんはもともと経済の方がご専門なので、そっちの方面からの切り口でしたが。
堺屋さんによると、斑鳩はとんでもない田舎のようだが、古代のネットワーク拠点としてちゃんと意味のある場所だった、という解釈でした。
私は放送日をすっかり忘れていて最後の30分くらいしか見なかったんですが、ご覧になりましたか?

しあんさん、
対談ありましたよね~対談があったと書こうかなとちらっと思ったんですけど。読みふけったことを思い出して、そういう時代だったなあと(^^)
ハードカバーの巻末を見てみたら、昭和59年の対談の再録と書かれています。
私も最近までは、まとまった本は「隠された十字架」のみだったの。

馬屋古女王!~厩戸に似た顔のまがまがしい姫でしたっけ…
何年も読んでないので、弓削というのは覚えてません~。時代が違うから同じ人ではないでしょう。

特番は最初の方、見逃しました。
斑鳩は都へ通える距離じゃないんですよね。別荘みたいなもんだったんじゃないかというのが梅原説。信頼出来る人を集めて勉強していたのかな。
昨日の番組で見たら、港と都の中間みたいな地点なんですね!

日本書紀はもともと為政者の都合で書かれているし、さらに改竄された可能性もありますね!確かに一人じゃ書けないという気も。
疑えばどこまでも…(@@;
聖徳太子の十七条の憲法も、出来過ぎなので後世の作という説もありますが、ちょっと時代が後になったぐらいで、あそこまで書ける人材がいたのかどうか?って気もします~(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「飛鳥とは何か」:

« 「うちエコ入門」 | トップページ | 「林檎の木の下で」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック