フォト

おすすめ本

« スケート・アメリカ | トップページ | 目の保養~ »

スケート・カナダ

真央ちゃん優勝!2位に中野友加里ちゃん!
3位は地元のロシェット。
3強対決は日本人にとって嬉しい結果となりました。

SPではミスが出る選手が多く、フィンランドのラウラ・レピストが1位をさらいました。
確かになかなか良かったんですよ~「海の上のピアニスト」という選曲も良いし、腕の動きも大きくて。こちらにとっては新顔だけど、十分経験積んできたのでしょう。
(最初、スケートアメリカの方に書いてしまいました…同じ日に録画を見ていたので。アメリカのSPの後に間違えてカナダのフリーを録画するというややこしいことしてるし)

SP、中野ちゃんは綺麗な水色の衣装が似合ってましたが、かなり緊張した顔をしていて、珍しい転倒。悔しそうでした。
フリーは片袖の朱色の衣装でウエストを絞り、あでやか。個性的な上位選手の中にあっては大人しい印象になりがちな所をがんばったみたい。
思い切って行ったようで、トリプルアクセルを決め、晴れやかな笑顔~良かったねえ。そろそろファイナル行って欲しいですよ。

シニア初登場の武田奈也ちゃん、といってももう18歳。大柄で笑顔が底抜けに明るい。
SPとフリー、イメージを変えてきたのは良かったけど、SPの衣装はオレンジに黒のレースを重ねた胸元がちらちらして見づらかった。フリーの白の方が綺麗でした。
けっこう踊れるんですよねえ~ハラハラせずに見ていられます。進化するのを楽しみにしてますよ。

日本人出過ぎ…とロシェットは思っていたかも?
綺麗な衣装で大人っぽく、東洋人にはない迫力がありますが、背中がたくましい~。
先週に続いてエミリー・ヒューズも出ていて、プログラムはなかなか迫力。
何度見ても大きいなぁと…
本当は一回り細いんでしょうから、これぐらいが健康的なのかも知れないけど…と、演技に関係ないことを考えてしまいます(^^;

ジャンだけではないアメリカの新人、アシュリー・ワグナーも元気に滑っていました。新人でも16歳~ダイナミックなタイプかな。

真央ちゃんは、SPもフリーも色を抑えた衣装で、すっきりとイメージチェンジ。身体もすらりとして、手の動きにも子供らしさが消えましたね。
SPの衣装は近くで見るとくっきりした対比があってけっこう印象強く、すがすがしさがありますね。本人曰く「強い鳥」のイメージだとか。
ステップでも全身を使った大きな動きは魅力的でした。
フリーは初お披露目。
トリプルは封印して全体の技を丁寧に見せ、堂々の金メダル。
大人でも着れそうな衣装で、くっきりした胸元のデザインに娘らしさもあり、お化粧もほんのりと綺麗になっていました。
太陽のような明るさが一番の特徴だと思うので、オリンピックの時にはもう少し派手な衣装の方が良いと思うわ~と今から(^^;

あれ、男子のフリー見たかな?(@@;
アイスダンスの結果だけチェックしたけど、ややこしい名前が多いので、どれがどれだったか…
英語で見るとよく思い出せないわ…アメリカ優勝がベルビン&アゴストってのはわかりやすいけど(@@;

« スケート・アメリカ | トップページ | 目の保養~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スケート・カナダ:

« スケート・アメリカ | トップページ | 目の保養~ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック